HOLDINGS

入社理由

地球環境保全について興味があり、大学では環境系の学問を専攻。日本のエネルギー産業を学ぶ中で、将来は原子力を始めとした多くの再生可能エネルギーによる発電を行っている会社を選択しようと考えていました。東京電力を志望したのは、電気という方面から日本の環境保全に携わることができる企業だからです。就活当時は、東日本大震災からわずか3年しか経過していませんでした。数多くの逆境の渦中にいた東京電力に身を置くことで、自らの成長にも期待できると考えたことも入社理由の一つです。また、福島に親戚が住んでいることもあり、福島復興に貢献できることも後押しとなりました。

仕事内容

入社後は、福島第二原子力発電所で、津波襲来時の安全対策の検討業務を行ってきました。発電所では現在、使用済燃料を使用済燃料貯蔵プールにて安定冷却中ですが、津波などを起因に冷却機能が失われてしまうことへの対策として、通常の水冷却機能に代わる代替手段を準備する必要があります。私は、その代替手段の一つを検討していました。検討結果に基づきコストや工期を関係者間で相談することの難しさは、大学生時代に行った研究よりも難しく、やりがいがありました。また、現場調査の結果を関係者で共有し、検討が進んでいくことによる達成感は何よりも変え難い経験です。現在は、柏崎刈羽原子力発電所における安全対策工事のプロジェクト管理を行っています。東京電力の管内にある原子力発電所は全基が停止中ですが、使用済燃料貯蔵プールには燃料が貯蔵されており、燃料の安定冷却を行っていくことはプラントによる発電の有無に関わらず必要な事項となっています。そのような現状にあるプラントの安全性を日々向上させ、世界一安全な原子力発電所を作り上げることが私の使命です。そのため、工事で設ける設備の質を向上させ、スピード感を有した工事の完了を目指して管理を進めています。

目指していること

目的を完遂するためには、まずは仕事全体の作業を洗い出し、後に細分化してそれぞれを順序立てて体系的に進めていくことが重要となります。このような仕事のやり方は新規で開始する仕事ほど重要視する必要があり、仕事が成功するかどうかの成否や質にも直結します。私の仕事は安全対策工事のプロジェクト管理ですので、私自身がその仕事のやり方を身に付けていくのは当然のことながら、私以外に関しても、円滑で、滞りがないように仕事を進めていただけるよう、関係者へ順次展開することを目指しています。私の仕事の大半は、人とのコミュニケーションで成り立っています。いかに相手に要望を伝え、要求を聞き取ることが重要となります。多数の関係者間でうまくコミュニケーションを取り合って協力し、信頼感を持って仕事を進められた時は、特にやりがいを感じます。

求められるチカラ

仕事を最後までやり抜く力やコミュニケーション能力、そして仕事の効率化や質の向上を目指してカイゼンしていこうと試みる向上心。そんなやる気を持った人財が求められます。仕事柄、責任の重い業務も当然ながら数多く存在しますが、常に気を張っているのではなく、たまに気を抜けるような気楽さも兼ねていたらいいと思います。私が入社した際は、「東日本大震災による原子力発電所の事故を起こした会社」と多少なりとも暗いイメージを会社に対して抱いており、在籍している社員の気持ちもネガティブ側なのだろうと勝手に思っていましたが、むしろ実際は異なり、福島を、会社を、そして日本のために尽力しようという社員の方々が多く在籍していました。今も、明るく誠実で、元気な新入社員が年を経るごとに数多く入社しています。東日本大震災での事故をプラスに変えていきたいという気持ちで、東京電力を目指していただきたいです。

安全性を日々向上させ、世界一安全・安心な原子力発電所をつくる。

原子力設備管理 技術

若井 良太
若井 良太
若井 良太