HOLDINGS

社内各部署のトラブル案件を、法的な視点からアドバイスする。

総務・法務 事務

高柳 俊輔
高柳 俊輔
入社理由

社会への関わりの広さ、公共性の高さに魅力を感じ、電気事業に興味を持ったことがきっかけです。エネルギー問題や環境問題などに貢献できることも魅力を感じました。電力会社の中でも東京電力を選んだ理由は会社説明会、OB訪問、面接等で出会った先輩社員の電気事業に対する熱い想いや人柄に共感し、自分も先輩社員のようにこの会社で活躍したいと思ったためです。

仕事内容

主な仕事は、社内各部署から寄せられる法律相談への対応や訴訟に関する対応です。法律相談対応は契約書の審査や業務を通じたトラブルに対し、法的な視点からアドバイスを行います。訴訟対応では代理人弁護士と方針を打ち合わせたり、裁判書類の作成業務に携わったりしています。「電力システム改革」をはじめとして、東京電力を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。そのような中で法的リスクを未然に洗い出し、最適な対応をすることが重要であり、今まで以上に法務部門の果たす役割は重要になっています。

目指していること

適切な法務サービスを提供するためには、問題が顕在化する前に、社内各部署から相談を受けることが肝要となってきます。そのために、フットワークが軽く、気軽に相談でき、かつこの人に相談すれば解決してもらえると社内で言われるような法務のスペシャリストになることを目標としています。

求められるチカラ

法的知識はもちろんですが、それ以上に社内外の関係者との連携がとても重要になってくるため、コミュニケーションを円滑に図れる能力や周囲との調整能力が必要になってきます。また、物事を突き詰めて考えることができて、それでいてバランス感覚のある方が向いていると思います。