BUSINESS INVOLVED IN ALL

入社理由

東京電力はダムなどの大型構造物をはじめ、多くの設備を自社で保有しており、土木構造物の計画から調査、設計、建設、保守にいたるまで携わることができます。そんな仕事の多様性が何より魅力的でした。また、仕事のやりがいという面でいえば、電力インフラを支える公共性の高さはもとより、技術者としての自身の成長を実感できる仕事だと思ったのも、入社を決めた理由の一つです。

仕事内容

現在は、東西の電力融通を拡大する新設送電線の建設工事に携わっています。この送電線は、電気の広域流通を通じた安定供給の確保に向けたもので、2020年度の運開を目指しています。土木部門では送電線立地点の調査や基礎の設計・施工監理を行いますが、現在は鉄塔立地点調査の段階。建設地点の確定のために地形図・空中写真を基にした机上検討や、現地の地表踏査、ボーリング調査などを行っています。一つひとつの業務が、電力システム改革の根幹を担ういわゆる国家的プロジェクトですので、責任とともに日々やりがいを感じています。

目指していること

まずは送電線の建設に向けて景観・地域特性に配慮しつつも、低廉で設備信頼度の高い合理的なルートを選定し、運開期を確保することを目標に業務に取り組んでいます。入社以来、さまざまな業務に携わってきましたが、尊敬できる周りの先輩や上司たちはみな、「このことならこの人に聞けば分かる」という高い技術をもっています。多様な業務の中でも一本芯の通った技術を身につけられるよう日々精進していきたいと考えています。

求められるチカラ

当社の仕事は社内外の関係箇所との調整を行ったり、協力を仰ぎながら進めていくことが多いので、周りと協力しながら物事に取り組んでいける人が向いていると思います。また、多岐にわたる業務を行っていく必要があるので、どんなことでも楽しめる性格の人が向いているのではないでしょうか。土木部門は、福島第一原子力発電所の廃炉や深刻化する自然災害への対応、設備の高経年化など課題は山積みですが、その分、自分自身の力を試せる、やりがいのある仕事だと思います。

東西の電力融通の礎を築いている。

土木 技術

塩之谷 仁大
塩之谷 仁大