HOLDINGS

入社理由

原子力発電はエネルギー自給率の低い日本において非常に有用であり、また二酸化炭素の排出抑制という環境面でも社会に果たす役割は大きいといえます。大学で機械工学を学ぶ中でそのことを知り、電気というインフラを通じて社会や環境に貢献できる今の仕事に大きな興味を持つようになりました。

仕事内容

万が一、重大事故が起きた際も、原子炉や使用済燃料プールの安定冷却を可能にする代替原子炉補機冷却系統設備を担当しています。あらゆる重大事故に至るシナリオを想定し、それに対応できるよう設備の追加配備や仕様変更等の対応を行うことが主な仕事です。福島原子力事故の後、原子力発電所の安全性に対する新規制基準が設けられました。その基準をクリアするのは当然のこと、原子力発電所を所有する電気事業者として「世界一安全な原子力発電所をつくる」ことを目標にしています。

目指していること

安全対策工事を着実に実施し、お客様の信頼獲得と、低廉な価格での電力供給のベースである原子力発電所を安全に起動させることです。

求められるチカラ

発電所の安全性を向上させるためには、何よりリスク管理が重要です。そのためにはリスクを事前に予測し対策を立てる想像力、また対策を実現させるための社内外の関係箇所との調整力、そして困難な課題にも立ち向かう忍耐力が必要だと考えます。加えて原子力発電所に関する膨大な知識も、リスク管理では必要不可欠です。視野を広げて多くの知識を吸収しようとする前向きな好奇心も大切でしょう。

使用済燃料プールに保管中の燃料を安全に輸送・貯蔵する。

原子力発電 技術

大橋 力也