DISTRIBUTION OF ELECTRICITYPOWER GRID

POWER GRID
配電

主な業務内容

お客さまが安心して電気をご利用いただけるよう、発電所でつくられた電気をお届けするための電柱、電線、変圧器などで構成される配電設備について、「安全」「品質」「効率」の3つを軸に設備の建設・運用・保守をしています。具体的には、配電設備の設備形成や更新計画の策定、お客さまの要請に応じた設備改修のための設計・工事、配電系統の運用・保守・メンテナンス、自然災害などによる停電時の復旧作業などを行っています。更には、資機材の調査・分析、スマートメーターを活用した配電ネットワークの高度化やコストダウン・品質向上などの研究開発、海外への事業展開などにも力を入れており、お客さまに一番身近な設備の所管部門として配電部門は幅広い業務を担っています。

ミッション

私たち配電部門のミッションは、発電所でつくられ変電所を経由する電気をお客さまへ送り届ける最終ランナーとして、電気を安全に、安定的に、より安価にお客さまへお届けすることです。そのミッションを達成するため、地域社会のみなさまとの信頼関係をベースに、地域特性を踏まえた最適な配電設備を構築し、電柱約6,000,000基、架空電線・地中ケーブル約400,000km等の膨大な数におよぶ配電設備を適切に保守運用しています。

新たな取り組み

新々・総合特別事業計画に掲げた2025年度の送配電部門における託送原価低減目標(2016年度比1,500億円程度削減)を達成し、送配電事業基盤を強化するために、配電部門でも従来にはないコストダウンに取り組んでいきます。具体的には、経年劣化する設備の対策では、あらたな保全方策により設備の延命化を図り、取替対象の設備に対しては材料や工事単価の低減に取り組むなど、より一層のコスト削減に注力しています。また、系統の効率的な運用や災害に強い電力ネットワーク構築を目的にスマートメーターを整備しており、スマートメーターシステム等の送配電設備や人材リソースを活用し、地域のお客さまのお役に立てるような事業領域の拡大にも取り組んでいきます。更には、電力品質を適正に維持するためIT技術を活用したスマートグリッドを構築していくことや、従来から培ってきた電力ネットワークの安定供給に関するノウハウを活用した、インフラ輸出を視野に入れた海外電力コンサルティング案件への参加など、新たな事業にも積極的に参画していきます。

配電
配電