LABORATORYHOLDINGS

HOLDINGS
研究所

主な業務内容

経営技術戦略研究所では、東京電力グループの事業戦略を実行するための技術開発やエンジニアリング支援、経営への提言活動を行っています。電気事業の効率化・コストダウン、福島第一原子力発電所の安定化、新サービスの提供、エネルギー事業の将来予測など重要な経営課題に対して、ソリューションを提供しています。電気、機械、化学、材料、環境、ロボット、データサイエンス等のさまざまな分野の研究員が活躍しており、技術分野の壁を越えてアイデアを出し合えることも研究所の特徴であり、強みです。また、スマートグリッドや電気自動車、電力貯蔵技術など、将来を見据えた研究も国家プロジェクト等を通じて積極的に実施しています。

ミッション

経営技術戦略研究所のミッションは、経営判断の材料を提供するとともに、グループ各社の収益拡大に貢献する新しい価値を提供することです。「経営」と「エネルギー技術」の両方の側面から電気事業のバリューチェーンを俯瞰し、事業会社の生産性向上、売上げ増加とコスト削減の両立を支援していくことが求められており、そのためにはハードウェア、ソフトウェア、マーケット、制度等の広い視点から全体最適を図ることも重要な役割となっています。

新たな取り組み

当社は、電力設備やお客さまに関するデータ、業務のノウハウなど、保有している様々なデータについてデジタル化とそのための技術開発を進めています。これらを戦略的に活用した新たなサービス創出や、電気事業の飛躍的な効率化を目指しています。また、企業や大学等のアライアンスをオープンイノベーションも活用しながら推進することで、異なる分野・領域の技術を組み合わせ融合することによるイノベーションを起こし、困難な課題を解決し、『デジタル・ユーティリティ』の実現に挑戦していきます。

研究所
研究所