お知らせ

2019年6月4日
東京電力パワーグリッド株式会社

 当社は、一般送配電事業者として、周波数制御・需給バランス調整を実施するための電源等の確保を目的とし、当社サービスエリアにおいて2020年度に活用する調整力公募を実施することとしています。
 つきましては、現在の検討状況についてお知らせします。

1.2019年度(2020年度活用分)公募のスケジュール(案)
 2019年度の調整力公募については、以下の日程で実施することを予定しております。
 なお、下記公募スケジュールについては予定のため、今後変更となる場合がございますので予めご了承ください。

公募スケジュール

2.募集内容(案)
 2019年度の調整力公募については、第38回制度設計専門会合(資料6)の内容等を基に(電源I´厳気象対応調整力の広域的調達等)検討を行っています。
・第38回制度設計専門会合(資料6)をご参照ください。
 https://www.emsc.meti.go.jp/activity/emsc_system/038_haifu.html

3.専用線オンライン(簡易指令システムを用いたものを除く)について
 調整力運用における指令・制御方法として、専用線オンライン(簡易指令システムを用いたものを除く)を選択されて調整力の公募に応募または応札される場合には調整力の提供開始日までに必要な対応工事・試験が完了していることが必要です。
 現時点で営業運転を開始していない電源等、および当社と専用線オンライン信号(簡易指令システムを用いたものを除く)の送受信を開始していない電源等の場合、具体的な案件をもって、当社工事見積等を実施のうえ、対応工事を実施する必要があります。
 標準工期については、お申込み後、10ヶ月程度※1を要します。詳細な工期および費用は見積のうえ、算定いたします。
 なお、必ずしも専用線オンライン化工事(簡易指令システムを用いたものを除く)の実施が調整力公募における落札を保証するものではありません。
専用線オンライン化工事(簡易指令システムを用いたものを除く)に関するお問い合わせについては、5.お問い合わせ先のお問い合わせ入力様式に必要事項をご入力※2いただき、お問い合わせメールアドレスへ送付いただきますようお願いいたします。
※1:期間については、あくまでも標準的な期間をお示ししているため、事業者さまの設備形態等により変わる可能性がございます。
※2:工事についてお申込みをご希望される場合については、お問い合わせ入力様式のお問い合わせ内容欄にその旨を記載いただきますようお願いいたします。

4.簡易指令システムについて
 「簡易指令システム」とは中央給電指令所の需給制御システムと専用線オンラインで接続していない発電設備やアグリゲーターに対して需給バランス調整などの指令を行うシステムです。本システムにより、一括で需給バランス調整などの指令を行うことで、指令授受の精度向上や時間短縮が可能となります。
 「簡易指令システム」の仕様につきましては、バーチャルパワープラント構築実証事業にて検討された共通基盤システムの仕様※1を採用いたします。
 また、情報セキュリティ対策としては、経済産業省および独立行政法人情報処理推進機構[IPA]が定める「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドライン※2」のセキュリティ要件に準拠した対策が必要となります。
 なお、簡易指令システムとの接続機能の導入が調整力公募における落札を保証するものではありません。簡易指令システムに関するお問い合わせについては、5.お問い合わせ先のお問い合わせ入力様式に必要事項をご入力いただき、お問い合わせメールアドレスへ送付いただきますようお願いいたします。
※1:共通基盤システムの仕様として、通信仕様については、OpenADR 2.0bに準拠いたします。OpenADR 2.0 Profile Specification B Profile※2およびデマンドレスポンス・インタフェース仕様書※2を参照してください。
※2:改訂の際には最新版を参照および最新版に準拠するものといたします。

5.お問い合わせ先
 調整力公募に関するお問い合わせにつきましては、提出様式に必要事項をご記入のうえ、下記アドレスまでメールにてお問い合わせください。

【添付】

【問い合わせメールアドレス】
 pgc.cyotatu1@tepco.co.jp

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. お知らせ
  5. お知らせ2019年一覧
  6. 2019年度の調整力公募調達に係るお知らせについて