AIによるビッグデータ解析を行う米国ベンチャー企業Via Science社との送電設備の劣化予測に関する共同実証について

2017年7月6日
東京電力ホールディングス株式会社
東京電力パワーグリッド株式会社

 東京電力ホールディングス株式会社(東電HD、代表執行役社長:小早川智明、本社:東京都千代田区)と東京電力パワーグリッド株式会社(東電PG、代表取締役社長:金子禎則、本社:東京都千代田区)は、本日、AI・機械学習を利用したビッグデータ解析事業を行うベンチャー企業Via Science社(ヴィア社、最高経営責任者:コリン・ゴウンデン氏、本社:米国、ボストン)と共同で、東電PGが保有する送電設備の劣化予測に関する実証(PoC※1)を開始いたしました。

 具体的には、ヴィア社が送電設備を構成するアルミ電線および圧縮形接続管※2について、設置場所や点検履歴などのビッグデータをAI・機械学習の技術を活用して劣化分析を行い、東電PGがより合理的な点検・改修計画を立案いたします。また、本実証を通して適用可能性を評価するとともに、送電設備の他の機器も含めた点検・改修に係るコスト低減の実現可能性についても評価してまいります。

 ヴィア社は、2016年に設立、米国を中心に電気事業者に対してAI・機械学習によるビッグデータ解析技術を活用したソリューションを提供しています。東電HDは、AIによるビッグデータ活用ノウハウを獲得するため2016年11月にヴィア社に出資を行いました。

 これまでの一般的なAIに関する技術・アプローチでは、解析におけるデータ項目間の関係が不明確な場合が多く、結果の活用が限定されることがありました。一方、ヴィア社の技術・アプローチでは、解析におけるデータ項目間の因果関係が明確化され、対処すべき設備などを優先順位付けでき、活用範囲の広がりが期待されます。

 東京電力グループは、今回の実証を通じて、ヴィア社とのパートナーシップを強化していくとともに、AIのさらなる活用により、事業運営の高度化・効率化を進めてまいります。

以 上

※1 PoC:Proof of Concept(概念実証)。新たな概念や先端技術、手法等が実用化や応用など可能であるか否かを示すために試行する取り組み。
※2圧縮形接続管:送電線を電気的・機械的に接続する金具

参考資料

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. プレスリリース
  5. プレスリリース2017年一覧
  6. AIによるビッグデータ解析を行う米国ベンチャー企業Via Science社との送電設備の劣化予測に関する共同実証について