2018年1月4日
北海道電力株式会社
東京電力パワーグリッド株式会社

 北海道電力株式会社と東京電力パワーグリッド株式会社は、1月1日、実証試験に参加いただく最初の風力発電設備(6,600kW)の運転開始にあわせ、風力発電の導入拡大に向けた実証試験を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 2021年3月末までに、すべての実施案件(20万kW)が順次運転を開始する予定であり、その後の実証試験期間を経て、試験結果の取りまとめを行っていく予定です。

 両社はこの実証試験において、地域間連系線を活用した連携を通じて、風力発電導入拡大に向けた電力系統の安定運用対策について検証を行ったうえで、得られた知見を活用し、国内における風力発電をはじめとする再生可能エネルギーの更なる導入拡大に向け取り組んでまいります。

【これまでの経緯】
・北海道電力株式会社と東京電力株式会社(現、東京電力パワーグリッド株式会社)は、2社間で「風力発電導入拡大に向けた実証試験」を行うこととし、あわせて風力発電設備を募集(募集量20万kW)いたしました。

2011年9月30日お知らせ済み

・実証試験は、最初の発電設備の運転開始にあわせて開始いたします。

2017年8月24日に北海道電力株式会社にてお知らせ済み

【参考資料】

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります