2018年3月6日
東京電力パワーグリッド株式会社

 東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子禎則、以下「東電PG」)は、従来から行っている送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上などの設備貸出の体制を整備し、2018年度より一本化した窓口を設け、ワンストップサービスを開始いたします。

 現在、スマートフォンの普及と携帯コンテンツの充実により通信量が増え通信速度の高速化が求められています。また、2018年3月には4G周波数の追加が、2019年3月には5G周波数帯の新設が予定されており、今後は携帯基地局の整備が進み通信環境の向上が考えられます。
 鉄塔や電柱等の設備は、電力供給のため面的に設置されており、従来から通信ケーブルや携帯電話基地局等の設置場所として広くご利用いただいています。現在は、これらの設備毎にお申込み手続きをお願いしておりますが、全てを一本化した窓口を設けることで、設備貸出をご利用いただきやすい体制に見直します。

 東電PGは今後も設備貸出の充実を図ることで、通信環境を始めとする社会のインフラ構築・利便性向上に貢献してまいります。

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. プレスリリース
  5. プレスリリース2018年一覧
  6. 鉄塔や電柱等の設備貸出の窓口一本化とワンストップサービスの開始