2018年4月27日
東京電力パワーグリッド株式会社

 当社は、栃木県北部・中部エリア※1において、より多くの事業者さまに当社電力系統へ連系していただくとともに、効率的な設備形成を目的として、電力広域的運営推進機関が定めた「電源接続案件募集プロセス」※2に基づき、2015年12月より系統連系を希望される事業者さまを募集してまいりました。

2015年12月25日お知らせ済み

 本日、当社と同エリアにおけるすべての優先系統連系希望者さまとの間で工事費負担金補償契約を締結し、「電源接続案件募集プロセス」の成立条件※3を満たしましたので、同プロセスの結果を以下の通りお知らせいたします。
栃木県北部・中部エリアにおける電源接続案件募集プロセスの結果

 当社は、安定的に電気をお届けする事業者としての責任を持続的に果たすとともに、引き続き、再生可能エネルギー導入拡大や効率的な設備形成に向けた取り組みを推進してまいります。

以 上

  • ※1

    栃木県北部・中部エリア
     宇都宮市、日光市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、塩谷郡塩谷町、塩谷郡高根沢町、那須郡那須町、那須郡那珂川町、栃木市、鹿沼市、真岡市、下野市、河内郡上三川町、芳賀郡益子町、芳賀郡茂木町、芳賀郡市貝町、芳賀郡芳賀町、下都賀郡壬生町

  • ※2

    電源接続案件募集プロセス
     電力広域的運営推進機関の送配電等業務指針に規定された、近隣の電源接続案件(系統連系を希望する発電事業者さま)の可能性を募り、複数の事業者さまから工事費負担金を共同負担して系統増強を行う手続き。接続検討の回答における工事費負担金の対象となる系統連系工事が以下の要件を満たす事業者さまが電源接続案件募集プロセスの開始申込みを行うことができる。

    • (1)

      特別高圧の送電系統(特別高圧と高圧を連系する変圧器を含む)の増強工事が含まれる

    • (2)

      工事費負担金を接続検討の前提とした最大受電電力(既設の発電設備等の最大受電電力を増加させる場合は、工事費負担金を接続検討の前提とした最大受電電力の増加量)で除した額が20千円/kWを超えるなお、詳細については、電力広域的運営推進機関のホームページをご確認ください。
      https://www.occto.or.jp/access/process/index.html

  • ※3

    「電源接続案件募集プロセス」の成立条件
     優先系統連系希望者さまの入札額(新費用負担ルールにおける特定負担分)と辞退者の入札対象工事に充当される入札保証金の合計額が、入札対象工事に要する工事費(新費用負担ルールにおける特定負担分)以上であること。

  • ※4

    辞退者の入札保証金
     入札時に入札保証金をいただき、辞退した際には、その入札保証金を原則、入札対象工事費に充当いたします。

添付資料

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. プレスリリース
  5. プレスリリース2018年一覧
  6. 栃木県北部・中部エリアにおける「電源接続案件募集プロセス」の結果について