東日本大震災の教訓・取り組み

2011年3月11日(金)14時46分頃に発生した、三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、当社の電力流通設備は広範囲に被害を受け、サービスエリア内で最大約405万軒のお客さまが停電する事態となりました。
この東日本大震災の教訓を活かすため、「被災しにくい設備づくり」、「被災時の影響軽減」、「被災設備の早期復旧」により万全を期しております。

東日本大震災の教訓・取り組みのようす

ページの先頭へ戻ります