2018年02月08日

2018年2月8日
東京電力ホールディングス株式会社

 雨水処理設備からの漏えいについて、その後の状況をお知らせします。

 現場を調査した結果、移送用耐圧ホースの連結部が外れたことにより漏えいしたことを確認しました。

 漏えいした水はタンクエリアの堰内に溜まった雨水で、漏えい量は4.8m3と推定しております。

 漏えいした水についてはバキューム車により回収し、Eタンクエリアの堰内に移送します。

 漏えいした水の分析結果は以下の通りです。
  Cs-134:検出限界値未満(検出限界値 4.4Bq/L)
  Cs-137:検出限界値未満(検出限界値 4.4Bq/L)
  全ベータ:1.1×10^3Bq/L

 なお、先ほどのメールでお知らせした内容のうち、「雨水処理設備からRO中継タンクへ移送中」とありますが、正しくは「RO中継タンクから雨水処理設備へ移送中」の誤りでした。

以 上

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. リリース・お知らせ一覧
  3. 報道関係各位一斉メール
  4. 報道関係各位一斉メール2018年一覧
  5. 福島第一原子力発電所雨水処理設備からの漏えいについて(続報)