お知らせ

2017年12月12日
東京電力ホールディングス株式会社

 当社は、世界の主要電力会社7社※1とともに、電力・エネルギー関連の有望なアイディアや技術等を有するベンチャー企業を育成・発掘するプログラム「Free Electrons」の第2回の募集を、本日から開始いたしました。
 本プログラムでは、採択された有望なベンチャー企業が、合計7,300万の顧客を有する8社の電力会社との実証事業などを通して、自社の製品やサービスを提供する機会を得ることができます。各電力会社は自社が有するエネルギーに関する専門性や経験、顧客基盤をもとにベンチャー企業の支援や業務提携、共同事業化等を進めてまいります。
 募集期間は2018年2月9日までとし、選考結果は2018年3月末に発表予定です。詳細はhttp://www.freetheelectron.com/をご確認ください。
 なお、当社は、本プログラム(第1回)において最優秀賞となったポルトガルのベンチャー企業BeOn社※2、および同プログラムに選出された米国のベンチャー企業Simple Energy社※3とそれぞれ基本合意書を締結し、協業の検討を進めています。

以 上

※1 世界の主要電力会社7社:AusNet Services(オーストラリア)、Dubai Electricity and Water Authority (ドバイ)、Electricity Supply Board(アイルランド)、Energias de Portugal(ポルトガル)、Innogy(ドイツ)、Origin Energy(オーストラリア)、Singapore Power (シンガポール)

※2 BeON社:簡単に設置、接続が可能な家庭用の簡易な太陽光発電システムのキットを提供するポルトガルのベンチャー企業

※3 Simple Energy社:お客さまの電気使用実態等を考慮して、省エネ機器を提案するECサイトの構築・運営等を行う米国のベンチャー企業

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. リリース・お知らせ一覧
  3. お知らせ
  4. お知らせ2017年一覧
  5. グローバルなベンチャー企業育成・発掘プログラム「Free Electrons」(第2回)によるベンチャー企業募集の開始について