節電に有効な「デマンドコントロールシステム」導入のお勧め

節電対策にはデマンドコントロールシステムが有効です。お客さまの電力の使用状況の把握にデマンドコントロールシステムの導入をお勧めします。


デマンドコントロールシステムとは

○デマンドコントロールシステムとは、お客さま受電設備における最大デマンド(最大需要電力)の発生を監視(※)するシステムです。
 ※監視は、当社計量器のサービスパルスを取得する方法と、お客さま設置の計量器で確認する方法があります。

○あらかじめ目標値を設定し、需要デマンドが目標値を超えると予測される際に、アラームや警報などで通知し、電気機器の制御を行います。

○電気機器の制御方法としては、あらかじめ制御する電気機器を決定しておき自動で制御するパターンと、アラームや警報などの通知を受けたお客さまが手動で制御するパターンがあります。

○電気機器の制御を実施することにより最大デマンドの抑制を図り、契約電力を抑えることが可能です。

○ただし、電気機器の制御が図れない場合は最大デマンドが目標値を超えることになりますのでご留意願います。

※空調を無理に制御すると作業環境の悪化を招くケースがあります。
<デマンドコントロールシステムのご紹介はこちら