• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします
電気の史料館トップ施設のご案内主要展示物のご案内 > エジソン式直流発電機
電気の史料館トップ
施設のご案内
電気の史料館について
フロアガイド
主要展示物のご案内
ガイドツアーについて
映画・映像プログラムについて
文書館のご案内
ミュージアムカフェ
ミュージアムショップ
その他付帯施設のご案内
出版・映像などへの資料提供等について
施設のご案内 ご利用案内 団体のお客さまへ 校外学習でご利用のお客さまへ 3ヶ月カレンダー

エジソン式直流発電機

 

あの有名なエジソンが開発したの?

 
 

そうだよ。白熱電球を点灯するために使われたんだよ。

へ~。ところで白熱電球ってなに?  
  うん。白熱電球とは、いわゆる普通の電球のことで、電球型蛍光灯と区別しているんだよ。エジソンは長時間点灯する電球を作るために、発光部分のフィラメントの材料を探しもとめたんだよ。
ふーん。見つかったの?  
それが日本の京都の竹が一番良かったんだって。
え~!白熱電球の実用化に日本が大きく貢献したのね!びっくり!!  
実用的白熱電球の発明者として知られるエジソンが、開発を手がけた直流発電機の一つ。当時、エジソン社が製作販売した直流発電機は、基本設計は同じであるが、目的に合わせて出力の異なる幾つかのタイプがそろえてあった。
この発電機は、そのラインナップの中でも代表的なもので、1890(明治23)年から下野麻紡績で工場照明用電源として使われたものと同じタイプのものである。
当サイトのご利用について | 個人情報の取扱について | サイトマップ | リンク集 | お問い合わせ

ページの先頭へ戻ります