• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 安定供給を支える電力設備 > 水力発電について

水力発電について

水力発電は、資源の少ない日本において、「環境性」「安定性」を兼ね備えた純国産エネルギーです。
当社では、主に群馬県・栃木県を中心とした利根川水系、長野県・新潟県にまたがる信濃川水系、山梨県の相模川・富士川水系に、合計164ヶ所、総出力約945万kWの水力発電所を保有しています。

かつて、水力発電は日本の発電方式の主流でしたが、経済発展等に伴う電力需要急増にともなって、昭和34年には発電の主体は水力から火力へと移行しました。
しかしながら、水力発電には運転・停止がしやすいという特長があり、現在では、電力需要ピーク時間の発電量を調整するという大変重要な役割も担っております。

また、これまで、水力発電所は大規模なものが主流となってきましたが、最近は、使われていない水資源も発電に有効利用しようという動きがあります。中でも、最大出力1,000kW以下の水力発電を「小水力発電」などと呼んでいます。

水力発電のしくみ(ダム式発電所の例)

水力発電所では、水が高い所から低い所に落ちる時の高速・高圧の水の流れを利用して水車を回し、電気をつくっています。

  1. 1 燃料
  2. 2 ガスタービン
  3. 3 排熱回収ボイラー
  4. 4 蒸気タービン

地形に合わせた水の利用

揚水式

昼間の電力需要のピーク時に活躍する発電方式で、主に地下につくる発電所と、これをはさむ上と下の2つの調整池からなります。電気の使用量が多い昼間に上部調整池から下部調整池に水を落として発電し、発電に使った水は下部調整池にためておきます。一方、電気の使用量が少ない夜間には、下部調整池から上部調整池に水をくみ上げ、再び昼間の発電に使うというように、一定量の水を繰り返して使用します。

2011年3月末現在、揚水式発電所は全部で9か所、その合計出力は水力発電全体の約75.8%※に達しています。

  • 自社水力発電に占める割合。

その他の方式

流れ込み式

調整池式

貯水池式

ダムの種類について

ダムには、工事方法により様々な種類があります。

水力発電の役割

今日、水力発電は素早く運転・停止ができるという特徴を利用して一日のピークを支えるという、たいへん重要な役割を担っています。

水力発電の歴史

資源の少ない日本の国産エネルギーとして活躍する水力発電には歴史があります。

小水力発電

最大出力1,000kW以下の水力発電所を19ヶ所(2012年5月15日現在)保有しています。


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります