• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 安定供給を支える電力設備 > 水力発電について > 神流川(かんながわ)発電所

神流川(かんながわ)発電所

揚水式発電所~神流川水力発電所

神流川発電所の電源開発

神流川発電所は、長野県の南相木村を流れる信濃川水系南相木川の最上流部に上部調整池、群馬県の上野村を流れる利根川水系神流川の最上流部に下部調整池を設置し、この間の有効落差653mを利用した、最大出力282万kWの純揚水式発電所です。
平成17年12月より1号機(47万kW)の運転を開始しています。

神流川発電所の概要

神流川発電所の概要
水路断面図
 


ページの先頭へ戻ります