• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 安定供給を支える電力設備 > 水力発電について > ダムの種類について

ダムの種類について

ダムには、工事方法により様々な種類があります。

重力ダム

 日本では最も多い形式で、ダム自体の重さで水圧をささえるものです。材質は、一般にコンクリートが使われています。

重力ダム
コンクリート重力式ダム(葛野川ダム)
 

アーチダム

 両岸の幅が狭く、岩盤が丈夫なところにつくられるのがアーチダムです。水圧を両岸の岩盤でささえるようにアーチ型にダムを築いたもので、重力ダムに比べてダムの厚さが非常に薄くてすむことから、材料コストを軽減できます。

アーチダム
アーチ式コンクリートダム(水殿ダム)
 

フィルダム

 岩石や砂利を積み上げ、水漏れを防ぐためにダムの内部または上流面を、水を通さない材料で築いたダムです。堤体(ていたい)はたいへん大きなものになりますが、資材の運搬が困難で、岩石が手近にある場所に適しています。

フィルダム
ロックフィルダム( 中央土質遮水壁型;南相木ダム)
 

アースダム

 軟弱な地盤にも対応できるのが、土質材料(粘土や土など)や砂れき材料によって築くアースダムです。
あまり大規模なダムには不向きですが、日本では古くからかんがい用として、よく用いられています。

アースダム
アースダム(大野調整池)
 


ページの先頭へ戻ります