快適で健康な生活への近道。リフォームも「くらしTEPCO」がアシスト!

2016/06/30

お客さまの暮らしを便利にするWebサービス「くらしTEPCO」には、リフォーム情報を紹介するコンテンツがある。しかし「なぜ電力会社がリフォーム?」と思う方もいるのではないだろうか。実は、お客さまの暮らし全般をサポートするには、電気の上手な使い方と共に、住まいについても提案することが大事だという。そこで、企画段階から携わってきた、くらしTEPCOグループの山田眞久さんに、初の試みであるリフォームコンテンツ構築に関する想いや今後の展望などを聞いた。

山田眞久

東京電力エナジーパートナー
リビング事業本部
くらしTEPCOグループ チームリーダー

入社後、主にお客さま対応業務および省エネルギーやオール電化の営業を担当。現在は、新サービスの開発に携わる。

計画的にメンテナンスをしてこそ家は生きてくる!

生活に不可欠な電気を生業にする会社だからこそ、住環境における便利さと快適さ、健康的な住まいの提案を通じて、お客さまの豊かな生活や省エネ面でも貢献したい──そう考えるのは自然のなりゆきとも言える。

一般的に住宅メーカーの場合、耐震性能や、耐久性など、建物の構造的な性能を見てリフォームをすすめる場合が多い。しかし、東京電力エナジーパートナーの場合は、実際に利用された電気使用量データ等に基づいてリフォームのアプローチができる。そうすることにより、便利さと快適さに加えて、光熱費の抑制にもつながる。

このようなお客さまへの想いから、東京電力エナジーパートナーは、“くらしTEPCO”の中に、リフォームコンテンツを立ち上げた。

山田:「くらしTEPCO内のリフォームコンテンツでは、次の4つのテーマを掲げ、リフォームのご提案をしております。1.大切な家をいつまでもきれいに、2.光熱費を抑えたエコな暮らし、3.家族の変化に合わせた住まい、4.家族が健康に暮らせる住まい──これらのテーマを軸に、お客さまが必要としている情報を発信し、リフォーム検討時の手助けとなるサイトを目指しています」

どのようなお客さまに利用していただきたいですか?

山田:「今すぐリフォームをしたいという方はもちろんですが、“快適に過ごしたい”“住まいのお手入れを計画的に行いたい”など、今すぐにリフォームの具体的な予定がない方も、是非、くらしTEPCOをご覧いただきたいと思います。大切なのは、住む人の変化や建物の状況に合わせて、住まいも変化させること。くらしTEPCOが、更に住まいを快適にする“きっかけ”になればと思っています」

そのために、リフォーム事例集や住まいにまつわるコラム記事を紹介している。

山田:「実際のリフォーム事例をはじめ、“くらしTEPCO”には快適な住まいづくりのポイントを掲載しています。また、リフォームに関するコラム記事も掲載しています。今後、続々とリフォーム事例やコラムを充実させて参りますので、是非ご期待下さい。」

リフォームの提案だけで終わりじゃない!快適な住まいの実現までサポート

リフォームといえば、東京電力エナジーパートナーはこれまでも電化機器や省エネルギー設備の導入を提案してきた。しかし、今回はさらに踏み込んだところまでサービスを広げたかったという。

山田:「オール電化営業をしていた当時、私自身もエコキュートなどの省エネルギー設備の導入のリフォームをおすすめしてきました。しかし、実際の計画や工事が実現するまでの十分なご対応が出来ず、おすすめした後のフォローが万全ではありませんでした。それでは真に暮らしのサポートをしているとは言えません。ご提案で終わるのではなく、その導入から快適な住まいの実現までをサポートすることが、お客さまの安心につながると考えたのです」

お客さまの電気使用量データなどを活用したリフォーム提案も検討しているようだが。

山田:「これまでは、電気使用量データを活用して電気の上手な使い方を提案するなど、お客さまごとの提案ができていませんでした。しかし、電気使用量データを分析することで、例えば問題は電気の使い方にあるのではなく、家の断熱性能にある、そのようなことも見えてきます。そんな“気づき”を喚起するのが私たちの役割。同じような広さ、造りの住宅を比較して、極端に電気使用量が多い場合、省エネルギー型の最新設備の導入や断熱工事などの具体的な解決策を、お客さまに個別にご提案することも検討しております。」

自由化以前は“電気”という枠の中で、省エネルギー機器のご提案に限られていたが、今後はエネルギーデータを活用しながら、住まい全体を見据えて、リフォームを提案していく──。

山田:「電気はお客さまのもとに送られ、お使いいただく先で価値が生まれます。そこには、生活の基盤である“住まい”や“暮らし”がある。お客さまの暮らしを住環境から総合的にサポートしたい、そんな想いの実現への第一歩を踏み出した実感があります」

「信頼できるリフォーム会社を知りたい」そんなお客さまの要望に応えたい!

東京電力エナジーパートナーがリフォーム事業で提携した「ホームプロ」は、7年連続利用者数No.1※に輝くなど、リフォーム紹介サイトとして評価が高い。

山田:「リフォームには、施工業者選びや工事内容の検討、工事金額など多くの調整事項が発生します。“どのリフォーム会社がいいのかわからない”というお悩みもあると思います。安心できるリフォーム会社を紹介して欲しいという、お客さまからのご要望もありました。その点、ホームプロは独自の審査基準をクリアした900社を超える優良リフォーム会社が加盟し、無料で最大8社まで見積もりが出来るので、どのリフォーム会社を選べば良いのか比較検討が簡単にできます。更に工事完成保証が付いていますので、より安心してリフォームを実現して頂くことができます。お客さまのお悩みやご要望の解決に最適と思えるお応えができるからこそ、今回、ホームプロとタッグを組むことにしました」

さらに今後は、エネルギー企業としての特性を生かした、より主体的なサービスへの発展も考えているという。

山田:「リフォーム事例が増えていけば、お客さまに合ったリフォームのご提案ができるようになると思います。住まいのご提案を通じて、よりお客さまの暮らしを充実したものにする、そんなサイトに発展させていきたいですね」

2015年10月リフォーム産業新聞による

“くらしTEPCO”のトップページにある“くらしアシスト”から、リフォームページへアクセスできる。具体的にリフォームを検討する場合は、“リフォーム会社の紹介を試してみる”をクリックするとホームプロへリンクし、リフォーム会社の比較や見積もりの依頼が簡単に行える。実際にリフォームを申し込むと、進捗状況がチェックできるのも安心で便利。

実際にお願いするとこうなります!ホームプロによるリフォーム事例

最後に、リフォームで断熱&省エネ効果を上げ、光熱費節約を果たした事例を紹介しよう。

〈リフォームポイント〉
省エネルギー機器と断熱設備の採用で光熱費を削減!

〈リフォームの要望〉
・断熱性を高めエアコンの使用を少なくし、光熱費を抑えたい
・省エネ化が進んだ最新の住宅設備に交換したい

リフォーム箇所:全面リフォーム
住戸形態:戸建
工事期間:3カ月
リフォーム費用:1,200万円

光熱費を抑えるために、オール電化(エコキュート、IHクッキングヒーター)+LED照明を採用。また、冬場の寒さ対策として、断熱工事(壁・屋根・玄関ドア・ペアガラス)を行い、リビングには床暖房を導入した。

リビングとキッチンを仕切っていた壁を取り払い、ひとつの空間に。以前はリビングにあるエアコンの効果がキッチンまで届かなかったが、いまはキッチンの空調もこのエアコンひとつで調整できるように。明るさや空調の心地よさが実現した。

関連情報

  • くらしTEPCO

    あなたのくらしをサポートする、東京電力エナジーパートナーの新しいWebサービスです

  • ご家庭のお客さま向けのWebサイト“くらしTEPCO”

    暮らしにまつわる総合インフォメーションサイトを目指したい。くらしTEPCO開発に携わったお2人に、その思いを聞きました。

  • Smart life

    毎日の暮らしを自由でイキイキしたものに

  • スマートウェルネス

    きれいな空気で快適な暮らしを実現しませんか

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 東京電力報
  3. 快適で健康な生活への近道。リフォームも「くらしTEPCO」がアシスト!