文字サイズ
小
中
大

印刷

Language

Thermal Power - thermal power is human power -
火力発電のしくみ -上級者編-TOP火力発電の特徴汽力発電CC発電ACC発電MACC発電
コンバインドサイクル発電(CC発電)
発電のしくみ

コンバインドサイクル発電はガスタービン発電と蒸気タービン発電を組み合わせた発電方式です。高温部に1,100℃級ガスタービンを適用し、その排気エネルギーを蒸気系で有効に回収することにより、熱効率をHHV約43%(LHV約47%)※1まで向上することができます。また、小容量の単位機を複数組み合わせて一つの大容量発電設備を構成するため、起動、停止操作が容易で需要の変動に即応できます。このため、中間負荷、低負荷時においては単位機の運転台数を調整することにより、常に定格出力並の高効率で運転できるなど、機動性や運用熱効率の点で優れています。
※1 HHV:高位発熱量基準 LHV:低位発熱量基準

【コンバインドサイクル発電のしくみ】 コンバインドサイクル発電のしくみ
POINT!

1100℃という高温でガスタービンを回し、残った熱で蒸気タービンを回しています。2種類のタービンを組み合わせることで、熱エネルギーをより効率的に利用することができます。
熱効率というのは、消費した燃料の熱エネルギーのうち有効になった割合を示すもので、ここでは電気エネルギーに変換される割合を指します。エネルギーをどれだけ有効に使えるかの指標となっています。

火力発電のしくみ ~上級者編~