組織体制

組織体制

沿革

1959年8月
(昭和34年)
技術研究所を江東区亀戸に設置
1965年12月
(昭和40年)
原子力開発研究所を設置
1968年10月
(昭和43年)
技術研究所を江東区亀戸から調布市つつじヶ丘へ移転
1985年6月
(昭和60年)
開発研究所を設置
1987年6月
(昭和62年)
システム研究所を設置
1994年10月
(平成6年)
研究所を現在の場所(神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町)へ移転
4研究所を集結
2001年12月
(平成13年)
電気の史料館開設
2002年4月
(平成14年)
研究機能の再編し、4研究所を1組織へ(技術開発研究所)
2003年7月
(平成15年)
知的財産センター発足
2006年7月
(平成18年)
材料技術センター発足
2013年6月
(平成25年)
技術開発本部と技術部の一部を再編し、技術統括部を発足
技術統括部の中に技術開発センターを設置
2015年4月
(平成27年)
技術統括部と建設部の一部を再編し
経営技術戦略研究所を発足
2017年4月
(平成29年)

福島廃炉技術開発推進室
リソースアグリゲーション推進室を設置