数表でみる東京電力

環境対策
  • 印刷

PCB処理施設の概要

2020年度末現在

施設名称 概要 運転開始 これまでのPCB絶縁油の処理量
TEPCO川崎リサイクルセンター
(東扇島火力発電所隣接地)
PCB絶縁油の分解処理に加え、柱上変圧器の容器本体の洗浄処理を実施

PCB絶縁油処理施設2002年10月1日
※2016年1月25日廃止

PCB容器洗浄処理施設2003年11月4日
※2016年3月1日廃止 東京パワーテクノロジー(株)に事業移管

PCB絶縁油処理 約14,000㎘
(280,000台相当)(注1)
PCB容器洗浄処理 約932,000台
TEPCO千葉リサイクルセンター
(千葉火力発電所隣接地)
当社2番めのPCB絶縁油分解処理施設

2002年3月15日
※2014年6月30日廃止

約5,000㎘(100,000台相当)(注1)
TEPCO横浜リサイクルセンター
(横浜火力発電所隣接地)
日本で最初の本格的なPCB絶縁油分解処理施設 2001年10月16日
※2015年6月15日廃止
約13,000㎘(260,000台相当)(注1)
TEPCO群馬リサイクルセンター
(新新田変電所隣接地)
微量PCB機器の容器洗浄処理施設 2013年3月8日
※2020年12月17日廃止
約2,200t
栃木リサイクルセンター
(新茂木変電所隣接地)
微量PCB機器の容器洗浄処理施設 2017年7月10日
※2021年4月9日廃止
約1,500t

(注)

  1. 平均的な容量(30kVA;油量50ℓ)の柱上変圧器の台数に換算した数値。

関連リンク