選び方のポイント

ご家庭に合わせて大きさ選び

容量の大きい釜の方が、若干消費電力が大きくなります。大きなものを選びがちですが、家族人数に合わせた容量をおすすめします。