でんきの省エネ術 冬の電気の上手な使い方

  • エアコン
  • こたつ・電気カーペット・電気ストーブなど
  • 暖かく過ごすひと工夫

暖房機器は、エアコン、こたつ、電気カーペット、電気ストーブなど種類によって暖まり方が違います。寒い冬を暖かく過ごすために、機器を上手に選んでお使いいただきますようお願いいたします。

こたつ 足もと全体が暖まります。

でんこちゃん

使い方のポイント

こたつの掛け布団は2枚に

掛け布団を2枚にすることで、熱が逃げにくくなります。さらに敷き布団の下に断熱効果のあるマットなどをもう1枚敷くことも効果的です。掛け布団・敷き布団各1枚と各2枚のときを比較した場合、各2枚にすることで4時間の使用で消費電力量が約17%削減されます。

周囲温度15℃の条件でコタツを稼動させ、掛け布団と敷き布団の組み合わせを変えたときの消費電力量を比較

ページの先頭に戻る

電気カーペット 接触した部分から熱が伝わり、部屋の広さ・使い方にあわせて大きさが選べます。

でんこちゃん

使い方のポイント

電気カーペットの下に断熱効果のあるマットなどを敷く

電気カーペットの下に断熱効果のあるマットなどを敷くと、カーペットの熱が床に逃げにくくなります。室温が安定している状態では、何も敷かなかった場合と比較して、15分間の使用で消費電力量が約10%削減されます。

周囲温度15℃の条件でホットカーペットを稼動させ、ホットカーペットの下に断熱効果のあるマットの敷設有無で消費電力量を比較

ページの先頭に戻る

電気ストーブなど 速暖性があり、用途によってさまざまな種類から選べます。電気ストーブや電気ファンヒーターは立ち上がりが早く、一方、パネルヒーターは暖まりが遅い反面、表面温度が高くなりすぎないという特徴があります。

使い方のポイント

寒い脱衣所やトイレではすぐに暖まる電気暖房を

寒い季節に入浴するときなどは、暖房のあるリビングと暖房のない脱衣室・浴室との大きな温度差により、身体に負担がかかり、特にご高齢の方にはヒートショック(※1)を起こしやすい環境となります。健康も考え、極端に寒さを我慢することは控えましょう。寒い脱衣所やトイレなどの狭い空間を暖める時は、パネルヒーターや小型の電気ストーブなどを活用することもおすすめです。

極端に寒さを我慢することは控えましょう

※1「ヒートショック」とは:
急激な温度の変化が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。特にご高齢の方や高血圧の人などが起こしやすく、心筋梗塞・脳梗塞・脳出血など深刻な事故につながることがあります。

  • エアコン
  • こたつ・電気カーペット・電気ストーブなど
  • 暖かく過ごすひと工夫

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします