• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

尾瀬をまもる取り組み

水をまもる

尾瀬の美しさは国民的財産
尾瀬の美しさは国民的財産。東京電力はそう考えて、土地所有者として長年尾瀬をまもる様々な取り組みを行っています。尾瀬の美しさを象徴する「緑」「水」「空気」そして、「みんなの尾瀬をみんなでまもる」をキーワードにご紹介します。

水をまもる取り組み

浄化槽を完備した公衆トイレを設置しています

浄化槽

尾瀬を訪れる人は誰も、その水の豊かさと清らかさに強い感動を覚えることでしょう。しかし、尾瀬には年間数十万人ものハイカーが訪れるため、排水による水質の悪化が心配されることになります。

東京電力では、尾瀬に公衆トイレを7ヶ所設置してご利用いただいていますが、これらのトイレには、自然の川に劣らない水質まで浄化できるよう、浄化槽を完備しています。

また、東京電力グループ会社東京パワーテクノロジー株式会社が運営する山小屋(鳩待山荘・至仏山荘・東電小屋・元湯山荘・尾瀬沼山荘)にはウォッシュレット トイレを導入しています。この背景には、トイレットペーパーの使用量を削減し、浄化槽の負荷を低減し、きれいな水質に浄化できるようにするためです。

  • 尾瀬と東京電力 トップへ
  • 尾瀬をまもる取り組み トップへ

ページトップへ

ページの先頭へ戻ります