HOLDINGS

水力発電所を維持・管理・発展させる。

水力発電 技術

正木 賢志
正木 賢志
正木 賢志
入社理由

学生時代に電気工学を専攻しており、日々学ぶ中で電力・エネルギーの分野で人々の生活を支える仕事に就きたいと考えるようになりました。就職活動では電力会社やメーカーだけでなく、電気設備の工事を行う会社などについても検討を行いました。検討を行っていく中で、日本で最大の発電電力量を誇り、首都圏を中心に広く安定して電力を供給し続けていることから「人の役に立っている」と胸を張って仕事が出来ると考え、東京電力を志望するようになっていきました。水力発電部門を希望した理由としては、二酸化炭素を発生しない水資源を用いたクリーンなエネルギーであることはもとより、電力を安定的に供給するための揚水発電所を有していることから、電気の「信頼性」や「品質」に寄与できる技術者になっていきたいからです。

仕事内容

水力発電所の老朽化した設備の取替や修理などを行う工事計画・設計業務を行っています。水力発電所を構成する設備を取り替える際には取替の費用や時期はもちろんのこと、工事の方法や工事を行う上での安全についても入念に検討・設計し、設備のトラブルを無くす必要があります。また、常に進化し続ける技術と共に、水力発電所も時代にあった最適な設備へと更新する必要もあります。水力発電部門では、発電に掛かる費用の低減と共により多くの電力を発電可能とするような新たな技術の導入や既存発電所の大規模な改良にも取り組んでいます。私も現在の業務を通じてより安く、より安定した電力をお客さまに送れるように水力発電所の設備の検討を行っています。

目指していること

電力自由化・電力システム改革をはじめとして、電力業界を取り巻く環境は近年大きな変化を迎えています。水力発電部門では市場競争を生き残るために、再生可能エネルギーである水力発電所への新たな技術の導入や、既存発電所の大規模な改良にも取り組んでいます。今後水力発電所は今までとは違った形に生まれ変わっていくことになるでしょう。その中で自分が取替・改造した設備が、保守・運用する現場が安心して使え、長い間効率的で安定した電力を生み出し続ける設備となるような工事設計を行っていくが目標です。より安く、より安定した電力をお客さまに送ることを可能にする水力発電所に進化させ続けたいと考えています。

求められるチカラ

仕事について積極的に学ぶ姿勢や、既存の概念にとらわれず柔軟に対応することが求められると思います。また、社内外問わず関係者と協調して業務を行う必要があるため、間を取り持つ調整力も求められます。発電所の設備や仕事の内容について分からないことが多々あるとは思いますが、入社後の研修や日々の仕事の中で先輩社員に教えて頂くなど、若手を大事にする会社です。これから入社する方もそのような場面で積極的に吸収して頂ければと思います。