• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

TEPCOダイレクト

福島第一原子力発電所1~3号機における原子炉注水量の低下について(続報2)

平成24年8月31日
東京電力株式会社

 福島第一原子力発電所1~3号機については、常用原子炉注水系にて原子炉への注水を継続しているところですが、昨日(8月30日)午後3時、定時のデータ確認において、1~3号機への原子炉注水量の低下が確認されました。

8月30日 お知らせ済み

 その後、複数回にわたり注水量の調整を行ってまいりました。

8月31日 お知らせ済み

○前回のお知らせ以降、計1回の注水量の調整を行っております。注水量変更の実績は以下のとおりです。

(8月31日午後2時47分)
 ・1号機:4.3m3/hから5.0m3/hに調整(必要注水量4.3m3/h)
 ・2号機:6.6m3/hから7.0m3/hに調整(必要注水量6.1m3/h)
 ・3号機:6.9m3/hから7.0m3/hに調整(必要注水量6.1m3/h)

○注水量の低下に合わせて、流量調節弁上流の圧力に上昇傾向が確認されていることから、低開度で運用している流量調整弁に何らかのゴミや異物等が付着し、流量を低下させている可能性が考えられることから、午後6時頃より3号機の以下流量調整弁についてフラッシング作業を開始し、その他号機についても、順次作業を行ってまいります。

(フラッシング対象弁)
 ・高台炉注水ポンプ炉心スプレイ系注入ライン止弁
 ・高台炉注水ポンプ給水系注入ライン止弁
 ・常用側ユニット出口流量調整ニードル弁

○なお、このフラッシング作業により1~3号機原子炉への注水を停止することはなく、原子炉の冷却が止まることはありません。

 現在、注水量は必要量を満たしており、引き続き必要量を下回らないように監視を行っていきます。

 現時点でモニタリングポストの値に有意な変動は確認されておりません。

 今後も引き続き、冷温停止状態の維持、プラントの安全確保に万全を期してまいります。

【お知らせ済み内容の訂正】
※(続報,)でお知らせした以下内容について、一部誤りがございました。
 お詫びして訂正いたします。

誤)
○なお、ポンプ切り換え後の注水量について、1、3号機で低下傾向が見られるため、以下の通り注水量の調整を午後11時53分から8月31日午前0時9分にかけて行いました。
 ・1号機:4.2m3/hから5.0m3/hに調整(必要注水量4.3m3/h)
 ・2号機:7.0m3/hで調整なし(必要注水量6.1m3/h)
 ・3号機:6.7m3/hから7.0m3/hに調整(必要注水量6.1m3/h)

正)
○なお、ポンプ切り換え後の注水量について、1、3号機で低下傾向が見られるため、以下の通り注水量の調整を午後11時45分から8月31日午前0時9分にかけて 行いました。
 ・1号機:4.2m3/hから5.0m3/hに調整(必要注水量4.3m3/h)
 ・2号機:7.0m3/hで調整なし(必要注水量6.1m3/h)
 ・3号機:6.9m3/hから7.0m3/hに調整(必要注水量6.1m3/h)

以 上


ページの先頭へ戻ります