福島第一原子力発電所1号機の「原子炉格納容器漏洩率検査に係る問題」に関する行政処分等について|TEPCOニュース|東京電力
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2002年

福島第一原子力発電所1号機の「原子炉格納容器漏洩率検査に係る問題」に関する行政処分等について






                         平成14年10月25日
                         東京電力株式会社
                         社長 勝俣 恒久


 このたび、福島第一原子力発電所1号機における平成3年及び平成4年
に実施された原子炉格納容器漏洩率検査に関し、原子力安全・保安院より、
同号機の1年間の運転停止処分などを実施するとのお話を承りました。当
社としてはこのたびの処分を厳粛に受け止め、適切に対応してまいりたい
と考えています。
 1年間の運転停止という処分は極めて重いものですが、本日夕刻より原
子炉の停止操作を開始するとともに、準備ができ次第、公開の形で格納容
器の漏洩率検査を実施してまいります。
 また、他の原子炉につきましても点検計画を早急に作成し、点検を実施
して立地地域の皆さまのご理解を得てまいりたいと考えています。同時に、
社外調査団による調査を通じて、できる限り早期に本事案の全容解明に取
り組んでまいります。
 安全を最優先にすべき原子力発電所において、定期検査の最終段階であ
る国の関わる検査に関し、不正行為を行ったことは絶対に許されないこと
であり、事態の重大性を踏まえ、徹底した再発の防止につとめてまいりま
す。
 あらためて立地地域の皆さまをはじめ、社会の皆さまに対し、深くお詫
び申しあげます。

 
                              以 上



ページの先頭へ戻ります