• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2006年

当社社員の個人所有パソコンからの原子力に関する研修資料の流出について



                            平成18年5月18日
                            東京電力株式会社

 当社は昨日、原子力安全・保安院より、原子力に関する資料がウィニーネット
ワーク上に流出している、との連絡を受けました。

 ただちに調査したところ、流出した情報は、原子力発電所の運転員がプラント
の運転管理を行うための研修用として、社外の研修機関が作成した資料であり、
核物質防護に関する機微情報は含まれておりませんでした。
 福島第一原子力発電所の職員が研修資料のデータを自宅に持ち込み、個人所有
のパソコンに保存していたところ、当該パソコンがウィルス感染し、これが原因
で当該パソコン内にあったデータがウィニーネットワークに流出したものと推定
しております。

 本件においては機微情報は含まれていないものの、原子力に関する情報が当社
社員の個人用パソコンから流出したことを踏まえて、本日、原子力安全・保安院
より、厳重注意を受けました。
 また、具体的な情報の流出経路や流出時期の特定を含め、今回の情報流出に係
る原因を究明するとともに、協力企業も含め、情報管理を徹底する対策を講じ、
それを実行するよう求められました。

 当社といたしましては、これまでも情報管理の徹底に努めてまいりましたが、
今回の件を重く受け止めて、早急に個人所有のパソコン内に業務情報が含まれて
いないことの再確認を実施するとともに、ウィニーを利用することの危険性を社
員に認識させ、業務での個人所有パソコンの使用厳禁を改めて再徹底し、今後の
再発防止に向け、さらなる情報の厳重・適正管理を進めてまいります。

 このような事態に至り、関係者の皆さまにご迷惑をおかけしましたことを深く
お詫び申しあげます。

                                 以 上

ページの先頭へ戻ります