• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2007年

柏崎刈羽原子力発電所3号機の定期検査開始について

                             平成19年9月18日
                             東京電力株式会社

 当社・柏崎刈羽原子力発電所3号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)は、
7月16日に発生した新潟県中越沖地震の影響により発電を停止し、現在点検・復旧
作業を行っておりますが、9月19日から第10回定期検査を開始いたしますのでお知
らせいたします。
 なお、現在実施している新潟県中越沖地震の影響を確認する点検作業については、
別途、点検計画を策定した上で、順次進めてまいります。

1.定期検査のための停止予定期間
   平成19年9月19日から(終了時期は未定)

2.定期検査を実施する主な設備
 (1)原子炉本体
 (2)原子炉冷却系統設備
 (3)計測制御系統設備
 (4)燃料設備
 (5)放射線管理設備
 (6)廃棄設備
 (7)原子炉格納施設
 (8)非常用予備発電装置
 (9)蒸気タービン

3.定期検査中に実施する主な工事予定
 (1)燃料集合体の取替え
     燃料集合体764体中の一部を取り替えます。
 (2)格納容器内雰囲気モニタ修理工事
     格納容器雰囲気モニタのうち、水素および酸素検出器各4台を取り替え
    ます。
 (3)原子炉冷却材再循環系配管等の溶接部予防保全工事
     原子炉冷却材再循環系配管等の溶接部71継手について、予防保全の観点
    から点検ならびに高周波誘導加熱による残留応力低減の対策を行います。
    また、前回の定期検査時にひびを確認した1継手について、当該部を含む
    配管の取り替えを行います。
 (4)炉心シュラウド溶接部予防保全工事
     炉心シュラウド中間部リング、中間胴およびシュラウドサポートリング
    の溶接部について予防保全対策(ウォータ・ジェット・ピーニング)を実
    施します。
 (5)炉心シュラウド点検
     炉心シュラウド下部リング外側近傍について点検を行います。

                                  以 上

<参考>当社原子力発電所の現況

福島第一・1号機( 46万キロワット)      定期検査中
     2号機( 78万4千キロワット)     運転中
     3号機( 78万4千キロワット)     定期検査中
     4号機( 78万4千キロワット)     運転中
     5号機( 78万4千キロワット)     運転中
     6号機(110万キロワット)      運転中

福島第二・1号機(110万キロワット)      運転中
     2号機(110万キロワット)      調整運転中
     3号機(110万キロワット)       運転中
     4号機(110万キロワット)     運転中

柏崎刈羽・1号機(110万キロワット)     定期検査中
     2号機(110万キロワット)     定期検査中
     3号機(110万キロワット)     9月19日から定期検査開始予定
     4号機(110万キロワット)     停止中
     5号機(110万キロワット)     定期検査中
     6号機(135万6千キロワット)     定期検査中
     7号機(135万6千キロワット)    停止中

 これにより、停止中のプラントは、9基、合計945万6千キロワット、運転中のプ
ラントは、8基、合計785万2千キロワットとなります。

--------------------------------------------------------------------------
[補足]
 原子力発電所の定期検査については、前回の定期検査における総合負荷性能検査
(発電を開始した後に実施する経済産業省の最終検査)に合格した後、13ヶ月を超
えない時期に開始することとなっております。このため、柏崎刈羽原子力発電所3
号機については、平成18年9月15日に総合負荷性能検査に合格しており、中越沖地
震に伴い停止中ではありますが、このたび定期検査を開始することといたしました。
                       (平成19年9月19日 補足追記)

ページの先頭へ戻ります