• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2008年

新潟県中越沖地震後の点検・復旧作業の状況および不適合について(週報:2月14日)

 当社・柏崎刈羽原子力発電所における新潟県中越沖地震後の主な点検・復旧作業
の状況および不適合についてお知らせいたします。

1.主な点検・復旧状況
 ○平成20年2月8日から2月14日までに点検および復旧を完了したもの
  ・2号機 燃料・制御棒点検(燃料):2月1日完了 
  ・2号機 燃料・制御棒点検(チャンネルボックス):2月12日完了
  ・3号機 原子炉再循環系配管維持基準適用箇所点検(超音波探傷試験)
       :2月13日完了
  ・6号機 観測用地震計収録装置取替作業:2月8日完了
                           *:今週追加したもの
 
 ○平成20年2月15日から2月21日までに点検および復旧を開始するもの
  ・1号機 燃料・制御棒点検(制御棒):2月15日開始
  ・3号機 所内変圧器(工場搬出準備):2月20日開始
  ・3号機 主発電機点検:2月18日開始
 
 ○平成20年2月10日から3月8日までの主な点検・復旧作業実績・予定
  ・「新潟県中越沖地震発生による柏崎刈羽原子力発電所の
             主な点検・復旧作業予定(4週間工程)」・・・別紙 
 
2.新潟県中越沖地震後の点検・復旧作業に係る不適合
  「新潟県中越沖地震後の点検・復旧作業における不適合等に係る当面の公表に
 ついて」にもとづく、平成20年2月7日から2月13日までのトラブル情報の発生
 状況については次のとおりです。

 ○トラブル情報(中越沖地震関連) 
 <平成20年2月7日〜2月13日発生分>
 ○その他   ・7号機 原子炉ウェルライナーの漏えいにつながる微小な傷(合計2箇所、    長さ約3mmおよび約2mm)について、原因調査を実施しました。    調査の結果、傷が発生した部位はライナーの溶接部であり、建設時の溶接    において、構造上溶接作業に困難を伴う箇所であったために溶け込み不足    (未溶接部)が発生したことおよび、溶接の仕上げ加工としてグラインダ    により溶接余盛部を除去していたことにより、残存板厚が薄くなっていた    ことを確認しました。    その後、新潟県中越沖地震の影響により当該部近傍にスロットプラグが接    触し、貫通傷が発生したものと推定しました。    原因調査のために切り出した跡(ライナー本体側)については、平成20年    2月26日までに溶接により補修を実施する予定です。次回の原子炉ウェル    水張り時に原子炉ウェルからの漏えいの有無を確認します。   ・3号機 前回点検時に確認された原子炉再循環系配管のひび部(1継手)    について、超音波探傷試験による点検を平成20年1月22日から2月13日に    実施しました。当該継手を点検した結果、新たにひびと判断すべきものは    確認されませんでした。また、ひびの深さについては今後、ひび部の断面    観察について、配管切断に必要な準備を進めます。   ・固体廃棄物貯蔵庫 ドラム缶確認本数 20,027本(平成20年1月31日現在)   ・不適合情報(中越沖地震関連、As、A、B、C、Dグレード、対象外)
                                 以 上
English
添付資料 ・別紙:新潟県中越沖地震発生による柏崎刈羽原子力発電所の主な点検・復旧作業予定                          (4週間工程)(PDF 105KB) ・参考資料1:放射性物質を含む大型水槽の確認状況一覧(PDF 16.3KB) ・参考資料2:固体廃棄物貯蔵庫ドラム缶確認本数(平成20年1月31日現在)(PDF 10.8KB) ・参考資料3:柏崎刈羽原子力発電所 燃料・制御棒点検状況(PDF 15.8KB)


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります