• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2008年

定期検査中の福島第二原子力発電所3号機における制御棒の過挿入について

                             平成20年11月8日
                             東京電力株式会社

-------------------------------------
<概要>
(事象の発生状況)
・平成20年11月7日、定期検査で停止中の3号機において、制御棒の動作試験を行
 っていたところ、午後10時56分頃、操作していた制御棒とは別の制御棒が規定の
 全挿入位置をこえて挿入(過挿入)されたことがわかりました。
(今後の対応)
・原因について詳細に調査いたします。
(安全性、外部への影響)
・現在、全制御棒は全挿入状態にあり原子炉の安全上の問題はありません。
・本事象による外部への放射能の影響はありません。
(公表区分)
・本事象は公表区分I(法律に基づく報告事項等の重要な事象)としてお知らせす
 るものです。
詳細は以下のとおりです。
-------------------------------------

1.事象の発生状況
 定期検査で停止中の3号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)において、
制御棒の動作試験を行っていたところ、平成20年11月7日午後6時7分頃、動作
試験を行っていた制御棒(50−19)とは別の制御棒(34−03)の動作警報が発生い
たしました。その後、調査した結果、午後10時56分頃、制御棒(34−03)が規定の
全挿入位置からさらに挿入側に動作(過挿入)したことを確認いたしました。

2.今後の対応
 今後、原因について詳細に調査いたします。

3.安全性、外部への影響
 現在、原子炉は全制御棒が全挿入状態であり、原子炉の安全上の問題はありませ
ん。
 本事象による外部への放射能の影響はありません。

以 上

* 制御棒の動作試験
 制御棒の緊急挿入時間を測定する試験。他の制御棒は全挿入状態で、試験を行う
1本の制御棒のみを全引き抜きから全挿入させる試験。

添付資料
・制御棒位置図(PDF 8.00KB) 
pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります