• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2008年

メコン川流域における「50万V国際送電系統マスタープラン策定のためのコンサルティング」の実施について

                            平成20年12月11日
                            東京電力株式会社

 当社は、国際開発機関であるアジア開発銀行(Asian Development Bank、以下 
ADB)からの業務委託を通じて、ラオス・ベトナム間のメコン川流域における
「50万V国際送電系統マスタープラン策定のためのコンサルティング」を実施す
ることとし、本日より現地にて業務を開始いたしました。

 本コンサルティングでは、平成20年12月から平成21年11月にかけて、送電部門、
系統部門の技術者、および社会環境影響評価や財務分析の専門家を順次派遣し、
カンボジア王国(以下 カンボジア)を通過し、ラオス人民民主共和国(以下 ラ
オス)とベトナム社会主義共和国(以下 ベトナム)を結ぶ50万V国際送電系統
について、経済、環境、および社会面での影響評価を踏まえたマスタープランな
どを策定いたします。

 ベトナムは、南部を中心に急増する国内の電力需要への対応が喫緊の課題であ
り、本コンサルティングを通じて設置される50万V国際送電系統により、ラオス
からの電力購入を検討しています。一方、ラオスは、本系統を通じて発電電力量
の一部をベトナムに売電することにより外貨収入が期待できます。

 このたびのコンサルティングは、こうしたラオスおよびベトナムの電力事情に
加え、送電線が通過するカンボジアの意向も踏まえ、三国から支援要請を受けた
ADBが50万V国際送電線計画の立案と検証に関するコンサルティング事業者を
募集し、送電系統の構築・運用において高い信頼性と実績を持つ当社が業務を受
託したものです。

 当社は、これまでも海外各国において、当社の技術・ノウハウを活用して、電
源系統計画や省エネルギーマスタープランの策定などのコンサルティング事業を
実施しておりますが、今回の取り組みを通してメコン川流域の一層の発展にも寄
与してまいります。

                                 以 上
English
添付資料 ・別紙:「50万V国際送電系統マスタープラン策定のためのコンサルティング」概要                                 (PDF 15.5KB) ・参考1:ラオスの電力事情(PDF 25.4KB) ・参考2:ベトナムの電力事情(PDF 31.9KB) ・参考3:メコン川流域(PDF 43.8KB)
pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



ページの先頭へ戻ります