• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2009年

『エアコンの「冷房」と「除湿」の上手な使い方』について

〜「除湿」に関する使用状況のインターネット調査を実施〜

                             平成21年7月9日
                             東京電力株式会社

 東京電力「TEPCOくらしのラボ」では、このたび、東京電力サービスエリアのう
ち一都三県にお住まいの主婦321名を対象に実施した、梅雨時や夏場のエアコン使
用状況に関するインターネット調査結果に、これまでに実施した試験結果をあわせ
て『エアコンの「冷房」と「除湿」の上手な使い方』としてとりまとめました。
 概要は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<調査概要>
・調査方法:インターネット調査
・実 施 日:2009年6月11日〜12日
・対  象:(株)東京エネルギーリサーチの登録モニター321名
      ・一都三県にお住まいの主婦321名
      ・自宅に冷暖房エアコンを設置している世帯
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(1)エアコンの「除湿」モードの使用状況
  ・梅雨時や夏場のジメジメする時、除湿を行っている方は60%にのぼり、除湿
   方法の1位は「エアコン(45%)」となった。「除湿」モードと「冷房」モ
   ードを使い分けている方は約半数で、ジメジメ蒸し暑い時は約60%が「除湿」
   モードを選択。
  ・「ほとんど除湿モードにしている」方は、「モードを使い分ける」方に比べ
   て「電気代が安いから(32.8%)」や「冷房は湿気がとれないから(22.4%)」
   除湿モードを使っていると回答した割合が高い。
  ・「冷房」モードの除湿量や「除湿」モードのコストについては、まだ、一部
   で正しい知識をもたれていないケースがみられた。

(2)「冷房」と「除湿」の違いと、上手な使い方
  ・空気を冷やして除湿を行うという意味では「除湿」と「冷房」は同じしくみ
   で、除湿量は「除湿」モードより「冷房」モードの方が多い。(試験結果は
   別紙1の5ページ参照)
  ・除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類がある。電気料金は「弱冷
   房除湿<冷房<再熱除湿」で、お使いのエアコンによっては「除湿」モード
   より「冷房」モードの方が省エネになる場合がある。(試験結果は別紙1の
   5ページ参照)
  ・エアコンのタイプによっては「弱冷房除湿」または「再熱除湿」のみの機種
   や、自動で切り替える機能がある機種など様々なので、まずは、お使いのエ
   アコン機能をチェックすることが大切。状況やニーズに合わせてモードの使
   い分けを行えば、快適性と省エネ性がアップする。

                                  以 上

添付資料
・別紙1:調査結果ならびに「冷房」と「除湿」の違いと、上手な使い方
                               (PDF 360KB)
・別紙2:調査データ編(PDF 25.7KB)

pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー


ページの先頭へ戻ります