• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2009年

『買い替えによるテレビの大型化と省エネのポイント』について

〜見落としがちなテレビの消費電力〜

                             平成21年10月1日
                             東京電力株式会社

 東京電力「TEPCOくらしのラボ」では、昨今、テレビの出荷台数が増加している
ことなどを受け、東京電力サービスエリア内の2,265名を対象に行った調査から、
テレビの保有と利用状況、液晶・プラズマテレビの導入状況や視聴時間・購入時の
重視ポイントを分析するとともに、テレビの省エネにつながる選び方・使い方につ
いてとりまとめました。
 概要は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<調査概要>
・調 査 名:「TOKYO LIFESTYLE調査 2009」
・調査方法:調査会社登録モニターによるインターネット調査
・実 施 日:2009年2月1日〜18日
・対  象:東京電力サービスエリア内に住む20代〜60歳代の男女各2,000名
・有効回答数:2,265名(内訳:男性1,124名、女性1,141名)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(1)保有状況、視聴時間に関する調査結果
  ・一家庭のテレビの平均保有台数は2.2台で、液晶・プラズマテレビの保有比
   率は、平成21年2月時点で約48%。3〜4年前から液晶・プラズマテレビの
   保有比率が増えており、近年、画面サイズは大型が嗜好される傾向にある。
  ・テレビ購入時の重視点は、「価格」・「機能・性能」が圧倒的に高く、「ラ
   ンニングコスト」・「省エネ性・環境性」は両方あわせても13%と、他の家
   電(冷蔵庫 36%、エアコン 43%)に比べて低い。

(2)省エネにつながる選び方・使い方
  ・画面サイズが大きくなるほど消費電力量が多くなる。省エネ性能が高いテレ
   ビと低いテレビの年間の電気料金を比較すると、液晶ハイビジョンテレビ32
   V型で年間1,580円、液晶フルハイビジョンテレビ46V型では年間3,310円の
   差が出る場合がある。最近は大型テレビを購入する傾向が高くなっているこ
   とから、テレビ選びの際には「機能・性能」とともに「省エネ性」にも目を
   向けることが大切。
  ・テレビを使用する際には、搭載されている「省エネモード」を活用したり、
   見ていないときにはこまめに消すことも大切。

                                  以 上

添付資料
・別紙:調査結果ならびにテレビの省エネにつながる選び方・使い方(PDF 141KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります