• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2009年

オーストラリア「タロング・ノース発電事業」の権益売却について

                             平成21年11月30日
                             東京電力株式会社
                             三井物産株式会社

 東京電力株式会社(取締役社長:清水 正孝[しみず まさたか] 本社:東京都
千代田区、以下「東京電力」)と三井物産株式会社(代表取締役社長:飯島 彰己
[いいじま まさみ] 本社:東京都千代田区、以下「三井物産」)は、両社が共同
で設立したティーエムエナジー・オーストラリア社(以下「TMエナジー社」)を
通じて所有する、タロング・ノース発電事業の権益売却について合意し、本日、売
却手続きを完了いたしました。

 両社は、平成14年8月にTMエナジー社を通じて共同で取得した、タロング・ノ
ース発電所の全権益(50%:東京電力35%、三井物産15%)を、オーストラリア・
クィーンズランド州営電力会社タロング・エナジー社の子会社で、残り50%の権益
を所有するティーエヌ・パワー社(以下「TNパワー社」)へ売却いたしました。
今回の売却は、両社が事業ポートフォリオの最適化の観点から判断したものです。
 これにより、TNパワー社は、タロング・ノース発電事業の全てを継承し、事業
運営を行います。

 東京電力は、今後も、さらなる成長・発展をめざして海外事業に積極的に取り組
んでまいります。なお、タロング・ノース発電事業に対する運転・保守に関する技
術提供を引き続き継続し、本発電所の運営を支援していく予定です。

 三井物産は、今後も、発電事業をコアビジネスのひとつと位置づけ、新規投資に
よる発電権益取得と既存案件の拡張・改良に取り組みます。

                                  以 上
English
添付資料 ・別紙:タロング・ノース発電事業について(PDF 26.4KB)



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります