• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2009年

省エネ型電球への切り替え

〜電球形蛍光ランプとLED電球〜

                             平成21年12月22日
                             東京電力株式会社

 東京電力「TEPCOくらしのラボ」では、家庭で使用されるエネルギーの16%(注)
を占める「照明」における省エネルギーへの取り組み実態について検証することを
目的として、「照明」の省エネルギー施策の一つである、省エネ型電球(電球形蛍
光ランプやLED電球)への認識状況や取り替え状況について全国1,450名を対象
に調査・分析を行いました。
 概要は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<調査概要>
・調 査 名:「照明に関する調査」
・調 査 方 法:調査会社登録モニターによるインターネット調査
・実 施 日:2009年11月18日〜19日
・対   象:全国に住む20代〜60代の男女
・有効回答数:1,450名(内訳:男性725名、女性725名)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(1)『電球形蛍光ランプ』と『LED電球』の認識状況・・・(別紙1)
  −商品価格差の回収期間は許容範囲内に−
  ・照明の家庭におけるエネルギー使用割合(16%(注))について、43%の人
   が「10%以下」と回答。
  ・白熱電球との消費電力比較に対し、正確に差異を認識している割合は、電球
   形蛍光ランプで22%だが、LED電球では50%と割合が高い。
  ・寿命に対する理解度は、電球形蛍光ランプで18%、LED電球が30%にとど
   まる。
  ・白熱電球から省エネ型電球に取り替えた場合の価格差について、当社試算で
   は電球形蛍光ランプは約5ヶ月後、LED電球は約19ヶ月後にコスト逆転と
   なったが、その価格差を回収する許容期間については、電球形蛍光ランプで
   は約90%が半年以上、LEDでは、約60%が2年以上と回答しており、既に
   許容期間に入ってきている。

(2)『電球形蛍光ランプ』と『LED電球』への取り替え状況・・・(別紙2)
  −省エネ型電球の普及には正しい理解促進が大切−
  ・白熱電球から電球形蛍光ランプへの取り替え率は約60%で、うち約30%が白
   熱電球が切れる前に取り替えている。取り替えの主たる理由として「消費電
   力が少ない(80%)」、「寿命が長い(74%)」が挙げられており、省エネ
   ルギーやコスト面がきっかけと推察される。
  ・LED電球への取り替え率は5%。取り替えの主たる理由は、電球形蛍光ラ
   ンプと同様であるが、LED電球の印象として高価格をあげる割合が高い。
  ・「条件次第」も含め約90%が、今後、自宅でLED電球を利用したいと回答
   していることから、さらなる価格低減が進めば、普及が加速する可能性が高
   いと推察される。

  省エネ性の高い電球への積極的な取り替えは、商品価格の高さがネックになり
  がちだが、まだ理解度の低い寿命の長さや、ランニングコストを含めた正しい
  理解が課題。

<参考>白熱電球から電球形蛍光ランプ・LED電球に取り替えた時のコスト試算他
                              ・・・(別紙3)

(注)出典:資源エネルギー庁「電力需給の概要」2003年度 品目別家庭用電力消費
      の推移

                                  以 上

添付資料
・別紙1:電球形蛍光ランプとLED電球の認識状況(PDF 42.5KB)
・別紙2:『電球形蛍光ランプ』と『LED電球』への取り替え状況(PDF 51.1KB)
・別紙3:<参考>白熱電球から電球形蛍光ランプ・LED電球に取り替えた時の
                         コスト試算他(PDF 98.4KB)



ページの先頭へ戻ります