• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2010年

梅雨時のお洗濯どうしてますか?

−身近な家電で室内干しを快適に−

                             平成22年5月25日
                             東京電力株式会社

 東京電力「TEPCOくらしのラボ」では、梅雨時の洗濯の実態について、当社サー
ビス区域内の2,060名を対象に調査・分析を実施し、様々な家電による乾燥に関わ
るコストや時間の試験結果を交え、「梅雨時の洗濯乾燥に関する調査」としてとり
まとめました。
 概要は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<調査概要>
・調 査 名:「梅雨時の洗濯乾燥に関する調査」
・調 査 方 法:調査会社登録モニターによるインターネット調査
・実 施 日:2010年5月10日〜11日
・対   象:東京電力サービス区域内に住む20代〜60代の男女
・有効回答数:2,060名(内訳:男性 1,030名、女性 1,030名)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(1)室内干しをしている大半の方が、乾燥に使用する機器のコストが心配
                               −(別紙1)
  ・梅雨時に困っていることは「洗濯物が乾きにくい(79%)」が、「ジメジメ
   する(79%)」とともに1位。<別紙1:Q1>
  ・室内干しをすることがある方は95%、そのうち乾燥に機器を使用することが
   ある方は約7割であり、エアコン(単独使用)の使用率が高い。<別紙1:
   Q3,Q4,Q7>
  ・機器を使用しない理由としては、「乾燥させる機器をもっていないから(75
   %)」が最も多いが、そのうちのほとんどの方はエアコンや扇風機を持って
   いる。<別紙1:Q9,Q10>
  ・機器の種類に関わらず、その使用については「コストが高い」というイメー
   ジがある。<別紙1:Q8,Q11>
  ・機器の使用の有無にかかわらず、室内干しの場所は、家族が集まる「リビン
   グ(45%)」が最も多い。<別紙1:Q12>
  ・機器を使用せずに乾燥させる室内干しでは、乾燥に時間がかかるため、「洗
   濯物がじゃまである(52%)」「洗濯物から臭いが発生する(50%)」とい
   う不満が多く、居住空間に悪影響を与えている。<別紙1:Q14>

(2)室内干しには「エアコンと扇風機の併用」と「ヒートポンプ式洗濯乾燥機」
   がおすすめ−(別紙2)
  ・乾燥時間が最も短いのは「エアコンと扇風機の併用」(*1)次いで「ヒー
   トポンプ式洗濯乾燥機」。コストが最も安いのは、「扇風機」だが、乾くま
   でに7時間かかる。次いで「除湿機」の順。
  (*1)扇風機を洗濯物に向け、エアコンを「ランドリーモード」または「衣
      類乾燥モード」で運転。「ランドリーモード」「衣類乾燥モード」が
      ない機種の場合は「冷房」を使用。
  ・エアコンは、単独使用よりも扇風機との併用がおすすめ。併用により、時間
   とコストの削減が可能。比較的短時間で乾くため、外出中や就寝中の時間を
   活用でき、リビングでの生活に影響を与えることもなくなる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 梅雨時の洗濯物の乾燥は、状況やニーズに合わせて上手に機器を使うことにより、
少ないコストで快適に行うことが可能です。
 洗濯物を室内で干す場合は、機器を使用しないと8時間以上も乾きませんでした。
「ヒートポンプ式洗濯乾燥機」は室内環境に影響を与えることなく、かつ、コスト
的にも時間的にも優れているためおすすめです。また、「ヒートポンプ式洗濯乾燥
機」をお持ちでない方も、すでに多くのご家庭にある「エアコン」と「扇風機」を
併用したり、「除湿機」を使用したりすることにより、室内においても短い時間で、
コストを抑えた洗濯乾燥ができます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<参考1>洗濯乾燥機の使用実態とコスト

 ・洗濯乾燥機を持っている方の60%以上が乾燥機能を使用していない<参考1:
  Q16>
 ・洗濯乾燥機は3種類のうち「ヒートポンプ式洗濯乾燥機」は省エネ性が高く、
  冷却水を使わず節水にもなるため、洗いから乾燥までのコストが、他の洗濯乾
  燥機に比べて約40%削減できる。洗いから乾燥までを行う頻度が多い方には、
  ヒートポンプ式洗濯乾燥機がおすすめ。

  「ヒートポンプ式洗濯乾燥機」は室内環境に影響を与えることなく、かつ、コ
 スト的にも時間的にも優れた乾燥が可能です。お持ちの方は活用されることをお
 すすめします。

<参考2>洗濯物を乾燥させるための上手な機器の選び方

   →1.洗濯乾燥機の上手な選び方
      ・ライフスタイルの多様化や、花粉・ホコリなどのアレルギー、大気
       汚染、高層住宅の増加による外干しの制約などにより、乾燥機能が
       付いた洗濯機が主流になりつつある。
      ・乾燥機能は大きく分けて3タイプあるため、使用状況に合わせて選
       ぶとよい。

   →2.除湿機の上手な選び方
      ・種類は大きく分けて3タイプあるため、コストと使用時期や使用す
       る部屋に合わせて選ぶとよい。

                                  以 上

添付資料
・別紙1:梅雨時の洗濯・乾燥の実態(PDF 243KB)
・別紙2:家電を使った場合の洗濯物乾燥の時間とコスト(PDF 21.8KB)
・<参考1>:洗濯乾燥機の使用実態とコスト(PDF 49.2KB)
・<参考2>:洗濯物を乾燥させるための上手な機器の選び方(PDF 68.9KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります