• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2010年

六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用計画の見直しについて

                             平成22年9月17日
                             東京電力株式会社

 当社は、「我が国におけるプルトニウム利用の基本的な考え方(平成15年8月5
日 原子力委員会決定)」にもとづき、六ヶ所再処理工場で回収される当社分プル
トニウムについて、平成21年度末に約0.7トン、平成22年度末に約0.9トンの核分裂
性プルトニウムを所有するとともに、立地地域の皆さまからの信頼回復に努めるこ
とを基本に、国内MOX燃料加工工場の竣工が予定される平成27年度以降、福島第
一原子力発電所3号機を含む当社原子力発電所のうち3基ないし4基で利用する計
画である旨をお知らせしております。
                     (平成22年3月15日お知らせ済み)

 その後、9月10日に日本原燃株式会社六ヶ所再処理工場の竣工時期が、平成22年
10月から平成24年10月に変更されたことから、別紙のとおり、平成22年度の利用計
画を見直しましたのでお知らせいたします。なお、今回よりプルトニウム利用計画
のより一層の透明性確保とわかりやすさの観点からプルトニウム量をキログラム単
位で示すことといたしました。

 見直し後の六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用計画では、当社が
平成22年度末に所有する核分裂性プルトニウム量は、平成21年度末と同量の約748
キログラムとなる見通しですが、利用目的のないプルトニウムを持たないという国
の方針を踏まえ、先般お知らせしたとおり、国内MOX燃料加工工場が竣工する平
成27年度以降、福島第一原子力発電所3号機を含む当社の原子力発電所のうち3基
ないし4基において、燃料として利用することとしております。

 福島第一原子力発電所3号機につきましては、8月6日に福島県よりプルサーマ
ル実施についてご了解をいただいた後、8月21日にはMOX燃料の装荷を終了し、
現在、各種試験を行っています。今後もプルサーマルの実施に向けて、安全を最優
先に、一つ一つの作業を丁寧に、着実に進めてまいります。

 また、柏崎刈羽原子力発電所につきましては、平成19年7月の新潟県中越沖地震
の影響で停止している2〜5号機の設備健全性に係る点検・評価や耐震安全性評価
・耐震強化工事などに継続して取り組んでおります。

 当社といたしましては、引き続き、原子力発電所の安全の確保と立地地域の皆さ
まからの信頼回復に向けて全力を挙げて取り組んでまいります。

                                  以 上

添付資料
・別紙:「六ヶ所再処理工場回収プルトニウム利用計画(平成22年度)」(PDF 80.4KB)
                             (太枠部分が当社計画)
・参考:プルトニウム所有量(平成22年6月末時点)(PDF 12.3KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります