• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2010年

米国カリフォルニア州におけるメガソーラー発電所の建設について

〜ユーラスエナジーが初めて米国で世界最大級の総出力45,000kWのメガソーラー事業を展開〜

                             平成22年9月27日
                 株式会社ユーラスエナジーホールディングス
                             東京電力株式会社
                             豊田通商株式会社

 株式会社ユーラスエナジーホールディングス(以下、ユーラスエナジー)は、米
国カリフォルニア州において、世界でも最大級の設備容量となる総出力45,000kWの
メガソーラー発電所の建設に着手いたします。
 なお、平成23年6月の操業開始を目指してまいります。

 本事業は、ユーラスエナジーグループが初めて米国で展開するメガソーラー事業
であり、太陽光発電パネルは、すべてシャープ株式会社より調達いたします。発電
した電力は、平成21年12月に締結した電力長期販売契約に基づき、操業開始から20
年間にわたってカリフォルニア州最大手の電力会社であるPG&E社(Pacific Gas 
and Electric Company)に販売いたします。

 米国では、連邦政府による補助金など支援制度の拡充に加え、カリフォルニア州
を含む37州でRPS制度の導入を通じて、積極的に再生可能エネルギーの普及を促
進しており、太陽光発電の市場規模は、今後も年率40%程度の成長が見込まれてお
ります。

 ユーラスエナジーグループは、国内最大手、また世界でも有数の風力発電事業者
として、これまでに6か国190万kWのウインドファームを操業しており、平成20年
には韓国で994kWの太陽光発電事業を開始いたしました。主力の堅調な風力発電事
業に加え、今後急速な成長が期待できる太陽光発電事業にも積極的に取り組んでお
り、本事業を今後の事業発展のための基盤としたいと考えております。
 また、ユーラスエナジーグループとしての一層の事業拡大と収益性の向上を図る
ため、平成22年2月には株主である東京電力株式会社、および豊田通商株式会社を
引受先とする250億円の株主割当増資を行っており、財務基盤を強化しております。

 東京電力は、『2020ビジョン』において、ゼロエミッション電源の積極的な導入
を掲げており、今後、ユーラスエナジーグループを核として、風力・太陽光発電事
業など、国内外での再生可能エネルギーの利用拡大に取り組んでまいります。

 豊田通商は、電力および再生可能エネルギーの利用による事業を重点分野のひと
つとして位置づけており、特に風力発電事業は1980年代後半からいち早く取り組み、
現在のユーラスエナジーに至っております。今後は、世界的な低炭素社会の構築に
寄与すべく、太陽エネルギー事業の開発にも積極的に取り組んでまいります。

                                  以 上
English
添付資料 ・別紙:ユーラスエナジーの米国メガソーラー発電事業の概要(PDF 21.5KB) ・別紙:ユーラスエナジーの概要(PDF 59.4KB)



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります