• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2010年

柏崎刈羽原子力発電所5号機 新潟県中越沖地震後のプラント全体の機能試験の進捗状況について[原子炉圧力上昇(約3.5MPa)後の評価について]

                            平成22年11月22日
                            東京電力株式会社

 当社柏崎刈羽原子力発電所5号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)は、
平成18年11月24日から第12回定期検査に伴いプラントを停止し、その後、平成19
年7月16日に発生した新潟県中越沖地震の影響による点検、復旧作業を実施して
おりましたが、平成22年11月17日よりプラント全体の機能試験を開始し、11月18
日に原子炉を起動いたしました。

 これまでに、原子炉圧力を上昇させ、原子炉圧力が約3.5MPaに到達した後に一
旦原子炉を未臨界状態とし、11月21日午後0時までに計画した試験を行い、試
験結果について問題がないことを確認いたしました(試験項目および結果の概要
については、添付資料を参照)。

 これまでの試験結果を踏まえ、再度、原子炉を臨界状態とし、原子炉圧力をさ
らに上昇させ、11月22日午前1時37分に定格圧力(約7.0MPa)に到達いたしまし
た。

 今後、一旦原子炉を未臨界状態とし、原子炉圧力上昇(約7.0MPa)後の評価を
実施してまいります(試験予定の概要については、添付資料を参照)。

 なお、機能試験の状況については、随時、お知らせしてまいります。

                                 以 上

○添付資料
別紙:柏崎刈羽原子力発電所5号機 新潟県中越沖地震後のプラント全体の機能
   試験に係る進捗状況(平成22年11月22日)(PDF 360KB)

* 未臨界状態
   核分裂の連鎖反応が持続しない状態。




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります