• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2010年

「平成22年度 地球温暖化防止活動環境大臣表彰」の受賞について

〜川崎市千鳥・夜光地区における蒸気供給事業が評価〜

                             平成22年12月1日
                        川崎スチームネット株式会社
                             東京電力株式会社

 川崎スチームネット株式会社(代表取締役社長:菅井 茂勝[すがい しげかつ]、
本社:神奈川県川崎市)と東京電力株式会社(取締役社長:清水 正孝[しみず ま
さたか]、本社:東京都千代田区、以下「東京電力」)は、川崎市千鳥・夜光地区
において共同で取り組む、省エネ推進を目的とした蒸気供給事業について、昨日、
「平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(対策活動実践部門)を受賞いた
しました。

 「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」は、環境省が地球温暖化対策推進の一環と
して、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人・団体を対象に、それぞれの取り
組みを「技術開発・製品化部門」、「対策技術導入・普及部門」、「対策活動実践
部門」、「環境教育・普及啓発部門」および「国際貢献部門」の5部門に分類し、
環境大臣が表彰するもので、平成10年度の実施以来、今年度で13回目を迎えます。

 両社が受賞した、「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(対策活動実践部門)は、
地球温暖化防止に資するライフスタイルの実践活動や植林活動等、地球温暖化を防
止する活動の実践等に関する功績に対して表彰されるもので、この度の受賞は、こ
れまでにないアプローチで地域全体の省エネルギーとCO排出削減を実現したこ
とについて高い評価をいただいたものです。

 具体的には、最新のコンバインドサイクル発電設備(MACC)を採用した、東
京電力川崎火力発電所1号系列の発電に使用された後の蒸気を再利用し、川崎市千
鳥・夜光地区コンビナート内の10社に供給することを通して、同地区全体として省
エネルギーを実現したもので、年間、原油換算で約1.1万kl(一般家庭9,500世帯分)
の燃料削減および約2.5万t(一般家庭4,700世帯分)のCO排出量削減効果が期
待されています。

 両社は、本事業を通じ、同地区の低炭素化に貢献していくとともに、今後も引き
続き、地球温暖化対策に関するさらなる取り組みを進めてまいります。

                                  以 上

添付資料
・別紙:「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」の概要(PDF 139KB)
・参考1:蒸気供給事業の概要(PDF 310KB)
・参考2:川崎火力発電所1号系列の概要(PDF 203KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります