• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2010年

『第16回 サイエンス・グランプリ』(小学生・中学生理科大賞)の受賞作品の決定について

〜平成23年1月8日に表彰式を開催〜

                             平成22年12月15日
                             東京電力株式会社

 当社が主催する『第16回 サイエンス・グランプリ』(小学生・中学生理科大賞)
について、このたび、グランプリ部門の受賞作品と学校賞部門の受賞校が決定いた
しました。

 本取り組みは、次代を担う子供たちの理科・科学教育の振興を目的として、1都
8県の小学校4〜6年生、中学校1〜3年生を対象に、理科に関する夏休みの自由
研究作品を募集し、優れた研究作品に対して表彰を行うもので、当社は、科学技術
に深い関わりをもつエネルギー企業という立場で、平成7年から毎年実施しており
ます。

 第16回となる今回は、平成22年9月1日から10月5日までの作品募集期間に、小
学生の部36,458点(1,138校)、中学生の部29,647点(490校)、合計66,105点
(1,628校)の応募をいただき、各地区の審査を経て、グランプリ審査を実施いた
しました。

 審査の結果、小学生の部、中学生の部では、それぞれ「調べてみよう!鳥の翼と
滑空時間」(東京都江戸川区立東葛西小学校 深澤友香さんの作品)、「ヒマワリ
の日廻りについて PART−2」(山梨県北杜市立長坂中学校 岡本野々花さん、
岡本和泉さんの作品)が「サイエンス・グランプリ」における最高位の賞である
「文部科学大臣賞最優秀作品グランプリ賞」の受賞に決定したことをはじめ、小学
生の部・中学生の部で各10作品、また優れた作品をより多く応募していただいた学
校に贈られる学校賞では、小学校・中学校各27校の受賞が決定しております。詳細
は別紙の通りです。

 実施にあたりましては、文部科学省をはじめ茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、
千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の各教育委員会、全国小学校理科研究
協議会および全国中学校理科教育研究会のご後援、ならびに株式会社旺文社のご協
力をいただきました。
 なお、グランプリ表彰式は、平成23年1月8日に、科学技術館サイエンスホール
(東京都千代田区)で開催いたします。

 当社は、今後とも本取り組みの実施などを通じて、小学生・中学生の皆さまが、
日常生活の中の不思議さや面白さを実感していただくとともに、理科・科学教育の
振興のお役に立てるよう努めてまいります。

                                  以 上

添付資料
・別紙1:『第16回 サイエンス・グランプリ』表彰式概要(PDF 444KB)
・別紙2:『第16回 サイエンス・グランプリ』グランプリ部門・学校賞部門受賞
     一覧(PDF 239KB)
・参考:『第16回 サイエンス・グランプリ』実施概要(PDF 171KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります