• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2011年

今夏の需給見通しと対策について

                             平成23年3月25日
                             東京電力株式会社

1.需給状況と見通し
  当社は、東北地方太平洋沖地震により原子力発電所、火力発電所の多くが停止
 したため、現在、供給力確保に努めているところでありますが、現時点で今夏の
 供給力としては4,650万kW程度となるものと見込んでいます。
  一方、今夏の最大電力については、地震の影響や節電の効果が見込まれること
 から、記録的猛暑だった昨年に比べ、約500万kW低い5,500万kW程度(発電端1
 日最大)と想定しています。(夏期における平日平均の最大電力は4,800万kW程
 度と想定。)
  このため、夏期には供給力が最大電力を大幅に下回るものと予想されることか
 ら、今後、供給力の積み増しに全力を注ぐとともに、一層の節電に向けた需要面
 の対策についても最大限に取り組んでまいります。

今夏の需給見通し
2.追加供給力(上記7月末の供給力に織り込み済み)  (1)震災による停止からの復旧 【760万kW】     鹿島火力1〜6号機、常陸那珂火力1号機など  (2)長期計画停止火力の運転再開 【90万kW】     横須賀火力3,4号機 1・2号GT  (3)定期点検からの復帰 【370万kW】     品川火力1号系列第1軸、横浜火力7号系列第2軸など  (4)ガスタービン等の設置 【40万kW】  (5)その他 【▲260万kW】     既設火力の夏期出力減少分(大気温上昇による出力減)など   今後、さらなる追加供給力対策についても検討・精査してまいります。 3.需要面の対策   全てのお客さまへ引き続き節電をお願いするとともに、需給調整契約の活用も  含め、需給状況の改善に努めてまいります。   皆さまには大変ご心配とご迷惑をおかけ致しますが、引き続き節電へのご協力  をお願い致します。                                   以 上

ページの先頭へ戻ります