文字サイズ
小
中
大

印刷

Language


プレスリリース 2011年

福島第一原子力発電所構内における土壌中の放射性物質の検出状況について

                             平成23年3月28日
                             東京電力株式会社


 周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地震で被災した福島第
一原子力発電所の敷地内(5地点)において、平成23年3月21日および22日に採取
した土壌中に含まれるプルトニウムの分析を行った結果、この度、別紙の通り、プ
ルトニウム238、239、240が検出されましたので、お知らせいたします。

 なお、引き続き土壌中に含まれる他の放射性物質の核種分析を行ってまいります。

○検出状況について
・今回のプルトニウムは発電所の敷地内の土壌から検出されたものである。
・検出されたプルトニウムの濃度は過去の大気圏内核実験において国内で観測され
 たフォールアウトと同様のレベルである。
・プルトニウムの同位体の放射能比からみて、今回採取された5点のうち2点のプ
 ルトニウムについては過去の大気圏内核実験に由来するものではなく、今回の事
 象に由来して放出された可能性がある。
・今回検出されたプルトニウムは、通常の環境土壌中の濃度レベルであり、人体に
 問題となるものではない。なお、念のため発電所構内およびその周辺の環境モニ
 タリングを強化する。
・さらに新規に3点の土壌を採取し、継続的に分析を行っていくこととする。

                                  以 上

添付資料
・別紙:福島第一原子力発電所 土壌中のPu測定結果(PDF 89.4KB)
・参考資料1:福島第一原子力発電所 敷地内土壌サンプリング(PDF 140KB)
・参考資料2:福島第一原子力発電所 敷地内土壌サンプリング(定例3箇所)
       (PDF 141KB)