• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所地下貯水槽からの水漏れについて(続報12)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所地下貯水槽からの水漏れについて(続報12)

平成25年4月7日
東京電力株式会社

 4月5日以降お知らせしております、地下貯水槽の状況についての続報です。

 地下貯水槽NO.2の東に隣接する地下貯水槽NO.3の漏えい検知孔水について、追加でサンプリングを行い、その結果について一部お伝えしておりますが、全ベータ核種の濃度についても判明いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

・地下貯水槽N0.3漏えい検知孔水(北東側)
4月6日午後9時50分サンプリング実施
 塩素濃度:1ppm以下
 ヨウ素131:検出限界値未満(2.7×10-2Bq/cm3
 セシウム134:検出限界値未満(5.2×10-2Bq/cm3
 セシウム137:検出限界値未満(6.7×10-2Bq/cm3
 全ベータ:1.8×10-1Bq/cm3(検出限界値:3.1×10-2Bq/cm3

・地下貯水槽N0.3漏えい検知孔水(南西側)
4月6日午後10時20分サンプリング実施
 塩素濃度:350ppm
 ヨウ素131:検出限界値未満(6.6×10-2Bq/cm3
 セシウム134:検出限界値未満(6.5×10-2Bq/cm3
 セシウム137:検出限界値未満(7.9×10-2Bq/cm3
 全ベータ:1.8×103Bq/cm3(検出限界値:3.1×100Bq/cm3

 地下貯水槽NO.3漏えい検知孔(北東側)および地下貯水槽NO.3漏えい検知孔(南西側)において全ベータ核種が検出されました。当該貯水槽の水位低下はないものの、一番外側のシート(ベントナイトシート)から外部へわずかな漏えいの可能性があるものと考えております。

 当該貯水槽の水位について監視強化を行うとともに、漏えい箇所の調査のため、以下の箇所についてサンプリングを行います。

 ・地下貯水槽NO.3漏えい検知孔水(南西側)
 ・地下貯水槽NO.3ドレン孔水(南西側)

 分析結果については、判明し次第お知らせいたします。

< 臨時会見開催のご案内 >
 4月7日午前10時から、当社本店、福島側で臨時会見を開催し、福島第一原子力発電所における地下貯水槽NO.3の状況についてご説明させていただく予定です。詳細については別途ご連絡させていただきます。

以 上


ページの先頭へ戻ります