• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所構内作業車の汚染が確認されたままでの一時退構について

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所構内作業車の汚染が確認されたままでの一時退構について

平成25年6月29日
東京電力株式会社

 本日(6月29日)、福島第一原子力発電所の構内作業車(生コン車)1台が、後部バンパー上部に汚染が付着したままの状態で、除染せずに構外(正門の外)に出るトラブルが発生いたしました。

 当該車両は、構内での作業を一旦終えて車両サーベイを実施したところ、車両後部バンパー上部付近に汚染(22,000cpm)が確認されたことから、除染指示を受けたものの、午後1時26分に除染しない状態で正門より退構してしまいました。

 その後、楢葉町にてコンクリートを積載し、再び構内に入構して作業を実施した後、退構するために再度車両サーベイを実施し、再び同一部位に汚染(20,000cpm)が確認されました。2回目の汚染確認後は、除染を実施して退構可能な基準値(13,000cpm)より低い値(3,000cpm)であることを確認したうえで、構外へ退構しております。

 当該車両が運行したルート等について、汚染車両が走行したことによる影響の有無の確認を午後4時27分より開始しており、結果については、分かり次第、別途お知らせいたします。 

以 上


ページの先頭へ戻ります