• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー移送ポンプの停止について(続報2)

報道関係各位一斉メール 2013年

多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー移送ポンプの停止について(続報2)

平成25年9月29日
東京電力株式会社

 多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー*移送ポンプの停止についての続報です。

 バッチ処理タンク2Cの水抜きを行い、カメラによる内部確認を実施したところ、内部に異物らしきものを発見し、回収いたしました。

 回収した異物については、タンク内部を昇降する仮設の梯子を固定するために使用した、ゴムパットと判断いたしました。

 引き続き、バッチ処理タンク2C内部の調査を継続してまいります。

 また、バッチ処理タンク1Cについても、今後準備が整い次第水抜きを行い、同様の調査を行います。

 多核種除去設備の系統図を含む資料については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
  URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130822_04-j.pdf

 なお、昨日お送りした続報において、多核種除去設備C系統の循環待機運転の解除日時を「9月27日午後4時04分」とお知らせしておりましたが、正しくは「9月28日午後4時04分」です。お詫びして訂正いたします。
*α核種等を取り除く目的で、処理水に塩化第二鉄、苛性ソーダ、ポリマーを添加することにより形成される沈殿物を含む液体。 

以 上


ページの先頭へ戻ります