• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2013年 > 福島第一原子力発電所構内B南エリアのタンク上部天板部からの漏水による放射性物質を含む水の海への流出の可能性について

プレスリリース 2013年

福島第一原子力発電所構内B南エリアのタンク上部天板部からの漏水による放射性物質を含む水の海への流出の可能性について

平成25年10月3日
東京電力株式会社


 平成25年10月2日午後8時頃*1、福島第一原子力発電所構内で淡水化装置の処理後の水を貯蔵しているB南エリアの堰内に溜まっていた水を処理するため、当該エリアにて作業を行っていた当社社員が、B南エリアタンク(BエリアAグループNo.5タンク)上部天板部から、水の漏えいがあることを確認しました。
 また、現場の状況を確認したところ、当該タンク上部天板部から漏えいした水は堰内に滴下しているほか、当該タンク外周に設置されている点検用の足場を介して堰外へも滴下していることを同日午後8時5分頃*2に確認しました。
 このことから、同日午後9時55分*3、東京電力株式会社福島第一原子力発電所原子炉施設の保安及び特定核燃料物質の防護に関する規則第18条第12号「発電用原子炉施設の故障その他の不測の事態が生じたことにより、核燃料物質等(気体状のものを除く)が管理区域内で漏えいしたとき」に該当すると判断しました。

 また、当該堰内に溜まっている水の分析(10月2日午後3時採取)を行ったところ、全ベータ(簡易測定)で200,000 Bq/L、セシウム134で18 Bq/L、セシウム137で54 Bq/Lでした。

 その後の調査において、当該タンク上部天板部から漏えいした水は、当該タンク近傍の側溝を通じて構内のC排水路に流れ、海へ流出している可能性が否定できないことから、C排水路手前の側溝に土のうを設置し、止水処理を行いました。

 立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をおかけしておりますことに対し、改めて心よりお詫び申し上げます。

以 上

 

○別紙

○報道配布資料

*1:B南エリアタンク(BエリアAグループNo.5タンク)上部天板部からの水の漏えいの確認時間を、「午後8時5分頃」とお知らせしておりましたが、「午後8時頃」に訂正しております。
*2:B南エリアタンク(BエリアAグループNo.5タンク)外周に設置されている点検用の足場を介して水が堰外へも滴下していることを確認した時間を「午後9時55分」とお知らせしておりましたが、「午後8時5分頃」に訂正しております。
*3:「発電用原子炉施設の故障その他の不測の事態が生じたことにより、核燃料物質等(気体状のものを除く)が管理区域内で漏えいしたとき」に該当すると判断した時間を追記しております。

(平成25年10月11日訂正)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります